あなたがクラウドワークスで受注できない理由

クラウドソーシング
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
クラウドワークスは、ハードルが低く初心者でもワンちゃんあるのですが、高確率で受注する、稼ぎ続けるというのは難しいと思います。
この記事ではクラウドワークスで受注できない理由と解決策について書きます。
また、クラウドソーシングの代表としてクラウドワークスを上げていますが、ランサーズも基本的に同じだと思っています。

経歴

私は、5年ほどフロントエンドをしていて、現在フリーランスです。
在職中に3件ほどクラウドワークスで受注制作しましたが、それ以降はやっていません。
理由は後程書きますが、消耗戦な気がしたからですね。
そんな自分ですが、クラウドワークスで受注できない人の悩みを自分なりに解決したいと思っています。

【結論】クラウドワークスで受注できない理由

あなたがクラウドワークスで受注できない理由は3つあります。

1.実績、経験が足りない

いきなり厳しいことを言うと、ポートフォリオの実績に練習したサイトを載せても受注は難しいです。

練習と実際の仕事は、スポーツの練習と試合くらい違います。
つまり実際の案件かどうかはとても重要です。まずそこで比較されて落とされます。

もちろん、その回避方法はないわけではなく、初心者を売りにして練習でもいいから安くやろうという方もおられましてそれはそれで初心者を武器にしていてとてもいいと思います。

なぜなら実績にもなるし、相手にもそれを伝えることでトラブルを下げることができます

2.提案力が足りない

実績ができたら次は提案です。
目を引くような提案でないと競争率が高い場合厳しいです。ではどう提案するかというと、顧客のことを考えた提案にするわけですね。
ジャンルに合わせた提案や実績の紹介をして、具体的なイメージを持たせることが重要です

3.数を打ってない

クラウドソーシングは、半分営業、半分制作と言われるくらい営業に使う時間がかかります。
つまり1件や2件受注できないくらいでへこんでいてはしょうがありません。
20件応募して1件取るくらいの気迫でないと受注できないことばかりが頭に残ってしまいどんどん消耗してしまいます。

そもそもクラウドワークス超過酷説

もちろんクラウドワークスで生計を立ててる方も多くいると思いますが、ほんとにごくわずかなのでは?と思います。そもそもクラウドワークスは性質上、薄利多売の上競争率が高く安定して月20万以上稼ぐのは至難の業です。
2016年のデータなんで現在は分かりませんが、クラウドワークスで20万円以上稼ぐのは111人しかいません。
https://twitter.com/nagoya_kabuoff/status/701423311708794880/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E701423311708794880&ref_url=http%3A%2F%2Fmarizaki.blog.jp%2Farchives%2F160226.html
現在は登録者数が多くなってもっと競争化している可能性もあります。

ではどうすべきか。

というわけで、クラウドソーシングをやんわり否定してきたわけですが、あなたを否定してるわけではありません。自分もそうだったように初心者でもあきらめないような道を歩く必要があると思います。

クラウドワークスのようなクラウドソーシングは、別な仕事もやりつつ時間があればやってみようくらいでやるのが自分としてはベストだと思ってます。所謂副業ですね。
ではどうするかを書きます。

制作会社でバイトする

自分がそうなのでポジショントークになってしまいますが、絶対これをお勧めします!(断言)
いや、在宅で仕事したいんだよね~
とかいろいろあると思うんですが、
エンジニアやデザイナー初心者が会社に入ることはほんとにメリットしかない
というのを伝えたいですw
新卒だったら新入社員で入れますし、中途の初心者でもバイトで入ってしまいましょう。会社選びさえ間違えなければ教えてもらい成長しながら安定してお金がもらえます。その後でも副業でクラウドソーシングはできますからね。

エージェントに相談する

経験1年以上あれば転職エージェントに相談するのがいいです。

レバテックは1ヶ月の収入100万円もありと謳ってますが、割と本当です。

フリーランスとはいえ、安定はしといた方が絶対いいです。

【フリーランス】業務委託とクラウドソーシング型のメリット・デメリットを徹底解説

 

そのため初心者の内は教えてもらえる人が近くにいる会社という環境で実力を高めましょう!

まとめ

まとめますと、以下のようになります。

・クラウドワークスは消耗します
・副業でやるに留めて主軸としない方がいい
・会社に入ろう

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました