エンジニアは挨拶しない?原因と改善案の考察

Web制作
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


エンジニアは挨拶ができない、挨拶をしないというツイートがバズっていました。

エンジニアになって1ヶ月の感想
まともに挨拶できない人が多過ぎてびびる

朝会った時におはようございますって言ったんですけど、何も返されなくてあれ?
お疲れ様でしただったっけな?って思ったんですけど、そもそもそうじゃないよなって今朝思いました。
挨拶くらい返して欲しいですよね^_^

数か月~1年に一回この議論が活発になりますね。自身の経験を元にエンジニアは挨拶しない問題について切り込んでいきたいと思います。

自分の制作会社ではどうだったか?

思い返してみると人数が多いからなのか少なくても変わらないのかわかりませんが挨拶は本当に少ないです。

朝礼やメールで挨拶をしようとお偉いさんが言うくらい挨拶がないです。
社外の人に廊下で会ったら挨拶してくださいと定期的に言われます。

ただエンジニア限定で挨拶がないかと言えばそうではなくデザイナーやディレクターも挨拶しない人はしない、エンジニアでもする人はする、という感じでした。
数えた訳ではないですが、6~8割はしてなかったと思います。

自分はというと、、

「心が折れました」

新人の頃挨拶は当然のことと思って挨拶してましたが、聞こえてるはずなのに返ってこない。

そんなことが続くうちに返ってくる人のみに挨拶するようになっていました。

なぜ挨拶しないのか?

集中し過ぎ

コミュ症とまではいかないですが、割と静かなオフィスです。

仕事量も多めなので各々が自分の作業に没頭している感じです。

現に自分も集中するあまり返すタイミングを失って遅れて返したり、返すのをやめてしまったりしたことがあるような気がします。

音楽聴き過ぎ

また、己の空間に閉じこもるために音楽を聴く制作陣はとても多いのですが、音量で外の音が聞こえないという問題がありますね。

コミュ症過ぎ

確かにエンジニアでも外交的な人と根っからのエンジニア気質な人は大きく分かれます。
自分の感覚値だと10人に1人くらいは最強にエンジニア気質で話しかけれないオーラ醸し出してます。

そういう人はもちろん挨拶もしてくれないし返してくれません。

どうしたらよいか?

話はもどりますが、先のツイートした方のように挨拶されない、返されないのは正直気持ちが良くないですよね。

してくれなくてもいいのですが、返されないのは割とショックです。自分の言葉が行き場を失い宙を舞ってるところが見えます。

そんな時どうしたらいいかなんですが気にしないことが一番です。

周りに染まって挨拶をしなくなるのもしょうがないと思いますし、返ってこなくても挨拶し続けるのは凄いと思いますし、人を選んで挨拶するのも精神的に負担にならない方法だと思います。

良くないのは自分の精神的負担を高くしてしまうことです。

つまり、「あ~今日も挨拶返してくれないな~こっちは挨拶してるのに。」

など思うことは病むだけなので明日からやめましょう。

また、新人なのに「もっと挨拶していきましょうよ」と言うのはなかなか難しいですね。

挨拶しない先輩方は、それが居心地いいからそうしてるわけで、潜在的に挨拶したいと思ってる人が実は多いという状況でなければやめておいた方が無難でしょう。

では、この職場を変えたい、挨拶を習慣にしたいと思った人はどうすればいいでしょう。

短期的には難しいかもしれません。もしかしたら、自分の挨拶で周りが変わってくれるかもしれませんし、されないまま疲弊していくかもしれません。

ですが、そのうち仕事自体を続けていけばきっと自分の時代がやってきます。

そんな挨拶しない先輩は辞めて、逆に自分が上に立った時変えるのです。

上を変えるのは難しいですが、下を変えるのは簡単です。

恐らく2、3年で自由に意見や提案ができる時代はやってきます。

早い職場だともうまとめ役になってるかもしれません。

もしあなたが挨拶しない職場を変えたいと思うならある程度耐えて時期を見て提案するのはいかがでしょうか。

まとめ

今はフリーランスの業務委託で企業に常駐して働いてますが、挨拶しますし返してくれます。

それは周りが制作スタッフじゃないということも関係してるかもしれません。

今後また、そういう環境に入ったらどうしようかなと思いますが、できるだけ挨拶をして気持ちよく仕事をしたいものですね。

【無料】WebIT系優良就活・転職サイトまとめ
レバテックキャリア

レバテックと言えば、フリーランスエージェントが有名ですが、
そのノウハウをそのままにIT・Webの業界や技術に精通した専任のスタッフが正社員の転職求人を紹介してくれます。
自分も利用した時は条件面交渉もがんばってくれました。

マイナビクリエイター

転職サイトでは3本の指に入るマイナビですが、マイナビクリエイターはその中でもWeb職・ゲーム業界に特化しています。
つまり求人数が多いことはわかるのですが、量よりも質を重視しているとエージェントの方が仰っていたので、よりお勧めできます。

ワークポート

元々IT専門の転職サイトだったためIT業界の求人数が約2000社と圧倒的です。
エージェントも質が高く専門性の高いサポートをしてくれます。
オリジナルツール「eコンシェル」が便利です。

スポンサーリンク
Web制作雑記
スポンサーリンク
シェアする
フォローする
プロフィール
hoshi

フロントエンドのフリーランスとして企業に週5で業務委託で常駐しています。

正社員からフリーランスになり以下のように変わりました。
・月収 34万→929,346円(最高月収)
・残業時間:最高100時間→0~10時間
・日々の積み上げ:なし→ブログ、筋トレ、プログラミング

このブログでは、フリーランスを目指す方や駆け出しエンジニアの方に向けてWebを仕事にする方法やトレンド情報をアウトプットしています。

技術ブログはこちら→frontendomemo

関係ないですが、オムレツ作るのが好きです。

プロフィール
サイトマップ

宜しければフォロー、feedly登録くださいm(__)m

フォローする
hoshilog

コメント

タイトルとURLをコピーしました