【フリーランス】リモートに強いエージェント5社
10万円給付金で始められる無料プログラミングスクール5つ(就職可能)
50,000円がもらえる!フリーランスエージェントの紹介キャンペーン

フリーランスの最も幸福な年収への最短距離とは

フリーランスになる
自分が理想とする年収にフリーランスになれば達するかな?
そもそも年収っていくらが一番幸せなの?
どうやったらその年収に達成できるかな?
そんな疑問を解決していきます。

最も幸福な年収はいくら?

結論から言うと最も幸福を感じる年収は700万円~800万円です。
そして人生の評価や意味を追求したいなら1000万円です。
更に年収が上がるとは幸福度は下がってきます。
なぜ下がるかというときりのない他人との比較、競争、嫉妬心が出るため幸福度が下がるようです。
世界の170万人の人生の満足度と年収の統計データを比較した研究結果になるので割と信頼性があるデータですね。
参考文献:https://www.nature.com/articles/s41562-017-0277-0
  • 最も幸福を感じる年収は700万円~800万円
  • 人生の評価や意味を追求したいなら1000万円

フリーランスの平均年収

一方でフリーランスの平均年収はいくらでしょうか。
職種別で挙げていきます。

  • Webデザイナー平均年収・・・250万〜300万円
  • Webライター平均年収・・・約300万円
  • ITエンジニア・プログラマーの平均年収・・・500万〜800万

出典:IT系フリーランスの職種や平均年収、独立から仕事獲得の方法について解説

もちろん個人にもよるのであくまで平均ですが、おそらくWebデザイナー、Webライターは単価が安く働き方も名前が売れてないとクラウドソーシングなどで単発の受託になってしまうため平均年収が低いと思われます。

ITエンジニア・プログラマーが上記の幸福な年収に届いているのは、単価が高いからだと思います。
技術レベルが一定以上のレベルに達していれば月単価80~100万が相場ですね。

ではライターやデザイナーが幸福な年収に届くためにどうしたらいいかというと、自分という商品をどんどん世間にアピールすることかなと思います。稼ぎ方は多様化していてノウハウを発信するNoteやLineスタンプ、電子書籍など収益を横展開させてSNSでファンを獲得することで収益は伸びていきそうです。

自分としては、ITエンジニア・プログラマーの分野で年収1000万を目標としています(初年度は700万がいいところかも…)

・ITエンジニア・プログラマーが一番年収が高い(500~800万)
・他の職種もファンを獲得することで収益はあがる

目指すべき逆算した場合の月収・時給

では具体的に750万(700~800万の平均値として)、もしくは1000万に達成するための道筋について解説していきます。これを計算することで幸福な年収への目標の月収と時給がわかります。働く時間を20日/月、1日8時間とします。

750万達成するためには

 

750万円 ÷ 12ヶ月 = 62.5万円/月
62.5 ÷ 20 ÷ 8 ≒ 3900円/h

1000万達成するためには

 

1000万円 ÷ 12ヶ月 = 83.3万円/月
83.3 ÷ 20 ÷ 8 ≒ 5200円/h
つまり
年収750万円達成するためには62.5万円/月、3900円/h
年収1000万達成するためには83.3万円/月、5200円/h
という指標が見えてきますね。
例えば年収750万円貰いたいなら時給3900円の仕事をもらえるようになりましょう。

フリーランスゆえの恩恵と弊害

フリーランスはサラリーマンと違って会社負担がないため、自分で払わなければいけない保険や交通費などの支出が多いです。仕事用のPCが壊れたり新しくしたい場合、会社でしたら無料ですがフリーランスは全額自分ですよね。
そのためサラリーマンより多く収入がないと同じ水準と言えません。
これが弊害ですね。
恩恵は、節税です。支仕事に関わった支出を経費として換算すればその分所得を減らして所得税を減らすことができるため実質の収入はサラリーマンよりもお得となります。
しかし節税もすればするほど所得が低いとみなされ、家を買うためのローン審査がおりないなどの問題が出てしまいますね。
トレードオフではありますが、サラリーマン時代より200万以上年収が稼げるかどうかでフリーランスになるべきかどうかというのは変わってきそうです。つまり多少節税してもサラリーマン並みかそれ以上の所得であればフリーランスになるかとは十分あります。

幸福な年収への最短ルートは?

これも職種に寄りますがエンジニアは単価の高い業務委託が最も幸福な年収へつながりやすいのではないかと思います。月収80~100万であれば1ヶ月何もしなくても年収1000万に到達しそうですね。

業務委託を選ばない手はないんじゃないかな~と自分としては周囲に勧めつつ、なかなか行動に移す人は少ないようなので今が参入するチャンスかもしれません。また残業も基本的にないところが多いのでワークライフバランスな幸福度も上がりますね。

おすすめは大手のレバテックですが、どこで良い案件があるかわからないので複数登録しておくことがよさそうです。
以上、フリーランスの最も幸福な年収への最短距離でした。
参考になれば幸いです。
フリーランスエージェントの登録者数が多いランキング|当サイト調べ
ギークスジョブ
対応エリア・地域東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・愛知県・大阪府・福岡県
支払いサイト25日(月末締め翌月25日支払い)
手数料(マージン)非公開
最高単価150万円
平均単価71.8万円

ギークスジョブの特徴は以下です。

  • 業界実績15年以上、取引企業数3,000社、登録エンジニア数12,000名の実績
  • コンサルタント、営業、参画後のサポートと、3名によるサポート
  • 福利厚生サービスが充実してる
  • 総額最大160,000円の紹介キャンペーンがある
Midworks
対応エリア・地域東京・神奈川・埼玉・千葉
支払いサイト20日
手数料(マージン)10%~15%
平均年収238万円UP

Midworksの特徴は、以下です。

  • 福利厚生が半端ない
  • リモートや週3、4案件もあり
  • マージン率の公表

フリーランスとして働きながら充実した福利厚生も受けたい人はおすすめです。

レバテックフリーランス
対応エリア・地域東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
支払いサイト15日(月末締め翌月15日支払い)
手数料(マージン)非公開
最高単価125万円
平均単価65.6万円

レバテックはフリーランス仲間からも高評価な安心できる転職支援サービスです。
大きな特徴は何といっても大手エージェントとしての安定感にあります。
求人数は他社を圧倒しています。

  • 登録者数:107,000人※レバテックサービス登録者数(2019年3月)
  • 認知度:業界No.1※2017年4月 クロスマーケティング調べ
  • 年間提案数:103,953件
  • 月間新規案件数680件以上

自分は、単価上げの交渉をしていただき最終的に最初の提示額より15万上げてもらいました。
必須で登録すべきエージェントです。

エンジニアルート
対応エリア・地域東京・神奈川・埼玉・千葉
支払いサイト30日(月末締め翌月末日支払)
手数料(マージン)10%以下
最高単価180万円
平均単価/平均年収68.9万円/826.8万円

特徴は、

  • 最先端からレガシーな案件まで扱ってるため案件や年代の幅が広い
  • 直接のユーザーや大手企業も多いため、高単価が可能
  • 他社と比べて圧倒的にマージン率が低い

などの特徴があり、アットフォームな雰囲気なので業務委託が初めての人でも安心です。
人気急上昇中のエージェントです。

フリーランスになる 業務委託(準委任)
フォローする
プロフィール
hoshi

フロントエンドのフリーランスとして週5フルリモートで働いてます。

営業

Webデザイナー(アルバイト)

Webデザイナー(正社員)

フロントエンドエンジニア(正社員)

フリーランスとして独立しました。

詳細なプロフィールはこちらを参照ください。

フリーランスエージェントとは28社と面談・取材してきました。

【完全版】フリーランスエージェント28社面談を受けた現役が比較・おすすめランキングを作った

このブログでは、自身の経験からフリーランスを目指す方や駆け出しエンジニアの方に向けてWebを仕事にする方法やトレンド情報をアウトプットしています。

・フリーランスエージェント紹介キャンペーン
・転職やプログラミングの悩み相談
・仕事の依頼

など、各種お問い合わせはこちらからお願いします。

フォローする
hoshilog

コメント

タイトルとURLをコピーしました