知らなきゃ損!フリーランスの経費計上の裏ワザ・基礎知識

フリーランスになる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フリーランスの経費計上の裏ワザ・基礎知識を紹介します。

領収書は取っておく癖をつけよう

領収書は、フリーランスにとって必要となった経費を証明する書類になります。
領収書以外にレシート、出金伝票もOKです。
経費にする分は所得税が控除されます。
領収書を取っておくことで大きな節税になるので、経費にしないのは単純に損ですよ!

レシートで本当に大丈夫?

レシートの方が明細がわかるので都合がいい場合もあります。
また、領収書はわざわざ発行するのに時間がかかるのでお店で支払う場合に関してはレシートでよさそうです。
領収書の方が良い場合は10万円以上の大きな買い物の場合です。

1つのレシートにプライベートと経費が混ざってしまった場合は?

経費の方に赤ペンで○をつけましょう。

レシートや領収書がもらえない場合は?

レシートや領収書がもらえない場合は、出金伝票の出番です。
100円ショップでも買える伝票で自分で記入します。
証拠資料を一緒に保存させればOKです。

家賃の半分を経費にできる?

家事按分という方法があります。この方法で計上すれば仕事とプライベート両方で使ってるものを、仕事の分だけ経費にすることができます。仕事のスペース、時間で割合で説明できれば大丈夫です。

どこまで経費になる?

経費の基準としてはその人の仕事に関係してるか?です。仕事に関係していくらかかったというのが説明できればOKです。もっと言うと売り上げに貢献しているかという観点で考えると分かり易いかもしれません。

経費算出の注意点

経費にする時に注意なのは、仕事に関連してない出費を経費にすることです。
例えば仕事に繋がらない個人の趣味は経費として算出してはいけません。
もう一点、注意点を挙げるとしたら経費と売上のバランスです。売り上げが少なく、その割に経費が多ければ税務調査官に怪しまれるためこれも気を付けるべきポイントです。

こんなものも経費になるよ

例えばどんなものが経費になるか今までサラリーマンを経験した人にとっては想像がつきづらいのではないでしょうか?意外なものも含めて解説付きで例をあげてみます。

交際費

接待の飲食代・・・接待とはいえ、友人と飲んでもそれは接待になります。

旅費・交通費

電車の定期代、宿泊費

修繕費

パソコンやカメラ

消耗品

事務用品、名刺代

広告宣伝費

Webサイトの制作費、サーバー代、広告掲載費

新聞図書費

書籍、電子書籍

外注費

業務委託費

地代家賃

家賃、契約更新料、駐車場代

通信費

スマホ代、インターネット利用料、ドメイン、サーバー代

水道光熱費

電気代、ガス代、水道代

研修費

セミナー参加費用

諸会費

オンラインサロン

支払手数料

銀行の振込み手数料

支払報酬

税理士報酬

雑費

他の項目にあてはまらない経費
※何費に該当するかは深く考える必要はありません。

まとめ

以上、意外と知らないフリーランス経費計上の裏ワザでした。
確定申告がスムーズにいくよう、また節税でお得になるためにも領収書はしっかり管理しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました