【フリーランス】リモートに強いエージェント5社
10万円給付金で始められる無料プログラミングスクール5つ(就職可能)
50,000円がもらえる!フリーランスエージェントの紹介キャンペーン

【事例あり】公務員はIT転職可能?公務員を辞めたい人がIT転職すべき理由とは

トレンド
公務員を辞めたい…
公務員を辞めてIT転職できるかな?
本当に公務員辞めてITでやっていけるかな?

 

この記事は上記のような方に向けて、主に以下の内容について書いていきます。

  • 公務員を辞めてIT転職すべき理由6つ
  • 公務員を辞めてIT転職した人の事例
  • 公務員を辞めてIT人材として転職するための手順

 

私は、眼科機械営業からWeb企業にエンジニアとして転職し、現在はフリーランスエンジニアとして活動しています。

区役所の事務、消防士など公務員の友人が多いので、自身の経験からその友人に伝えるように書いていきます。

公務員を辞めてITを希望する人急増

日経新聞で以下の記事が投稿されました。

公務員の人材流出が増えている。

大手転職サイトへの公務員の登録数は最高水準にあり、国家公務員の離職者は3年連続で増加した。

特に外資系やIT(情報技術)企業に転じる20代が目立つ。

中央省庁では国会対応に伴う長時間労働などで、若手を中心に働く意欲が減退している。

若手の「公務員離れ」が加速すれば、将来の行政機能の低下を招く恐れがある。

内容を要約すると20代の公務員の離職者が3年連続増加傾向にあるという記事です。

そして転職先の業種は外資系やIT企業ということです。

なぜ、現在公務員よりも、外資系やITなのでしょうか?

次にその理由を書いていきます。

公務員を辞めてIT転職すべき理由6つ

これについては、フリーランスであるビジネス系YouTuberイケダハヤトさんがYouTubeをアップしています。

公務員をおすすめしない理由を5つあげてるので紹介します。

  1. 低賃金
  2. 残業が多い
  3. 潰しがきかない(他の仕事にいかせない)
  4. クソ上司がクビにならない
  5. 副業禁止

 

上記は私も同意見です。

動画では民間企業との比較もされてますので気になる方は是非ご覧ください。

 

さらに付け加えるなら、

公務員って毎日同じような仕事で退屈ではないでしょうか?

 

私自身、大学卒業後の就職で公務員という選択肢もありました。

ただ、毎日同じように仕事をするのは個人的に耐えきれなそうという理由で、選択肢から外れました。

 

どの公務員も全てに当てはまるわけではないと思いますが、この記事を読んでるあなたは少しでも公務員という仕事を続けることに疑問を感じ、行動を起こそうと思っているはずです。

 

まずはそういった不満や疑問をリストアップしてみましょう。

例えば上記に挙げた理由がITエンジニアに転職することでどうなるか、私の場合について書いていきます。

公務員からITエンジニアになるとどうなる?

ざっと考えても公務員からITエンジニアになることで以下の効果があります。

  1. 低賃金→高年収
  2. 残業が多い→会社によっては残業なし
  3. 潰しがきかない(他の仕事にいかせない)→横の移動が激しい
  4. クソ上司がクビにならない→嫌な上司から離れられる
  5. 副業禁止→OK
  6. 毎日が同じことの繰り返し新しい技術・日々挑戦

1つずつ解説します。

1.低賃金→高年収

全員が全員高年収とは言い難いですし、初めのうちは私もバイトでしたので、営業から転職した時は年収は下がりました。

 

しかし年功序列の公務員よりは、年収があがりやすいのは事実です。

 

私の場合その後、運よく着実にキャリアを積むことができたので、フリーランスになって2倍ほど年収があがりました。

 

とはいってもフリーランスエンジニア全体としては平均くらいです。

事実、フリーランスエージェントであるレバテックフリーランスで働く、フリーランスエンジニアの平均年収は862万円と報告されています。

年収1000万以上になると税金が一気に高くなりますし、割と満足できる年収かなと思います。

 

同じように公務員からの転職をさせたITエンジニアの事例を紹介します。

2.残業が多い→会社によっては残業なし

ITも多い会社は多いですし、少ない会社は少ないので一概には言えません。

 

ただ、最近の働き方改革のおかけで、民間企業の残業への意識が変わっていることは確かです。

そしてIT企業も、魅力的な企業にして人材を集めるためにも、残業時間はできるだけ縮めようとする努力がなされていることが多いです。

大手のWeb企業であればその思考が強いはずです。

3.潰しがきかない(他の仕事にいかせない)→横の移動が激しい

公務員から他の仕事に移りやすいのは、事務などもあるかもしれませんが、一般事務であれば公務員の方が魅力はありそうです。

ITの場合、どの会社も同じ技術や言語を使っているため転職がしやすいです。

転職がしやすいということは、年収も上げやすいですし、自分の望む環境を見つけられるということです。

4.クソ上司がクビにならない→嫌な上司から離れられる

公務員はなってしまうとなかなか環境変えづらいですよね。

ということは、嫌な上司、同僚と当たってしまった場合でも我慢するしかないというのが最もきついかなと思います。

 

ITに転職してしまえば、会社の人事に言うなり、他の会社に転職することができます。

フリーランスになってしまえば、家で一人で仕事も可能です。

つまり自分の望む環境に変えやすいです。

5.副業禁止→OK

このご時世、一つの仕事で食べていくのは難しいですし、面白くないですよね。

  • 金銭的に一つの仕事だと厳しい
  • いろんな仕事がしたい

 

上記のような要望があった時に、公務員は何もできないというのがもったいなさすぎます。

本来であれば仕事にいかせるその人の趣味や特技もいかせないなんてつらいですよね。。

 

6.毎日が同じことの繰り返し→新しい技術・日々挑戦

私の公務員の友人は、仕事に楽しみを見出そうとせず、趣味をすることで日々を楽しんでいます。

 

しかし、仕事って人生の中で最も長い時間をかけますよね。それが早く過ぎればいいと考えるようには私はしたくないですね。

 

ITの場合、最先端技術がどんどん入ってくるので飽きないですし、日々挑戦してると感じられます。

公務員を辞めてIT転職した人の事例

では公務員からIT企業に転職できるの?という疑問ですが、余裕で可能です。

以下に公務員から転職した方をあげてみます。(※もし問題あったら教えてください)

現在公務員からITエンジニアを目指している方もいらっしゃいます。

公務員を辞めてIT人材として転職するための手順

公務員を辞めてIT人材として転職するための手順をお伝えします。

ここからは私自身の経験を交えて書くので、さまざまなITエンジニアでもWEB系のエンジニアについて書いていきます。

WEB系エンジニアがおすすめな理由

WEB系エンジニアとは、Webサイト(企業のホームページなど)を制作したり、Webサービス(メルカリなど)を制作する人です。

おすすめな理由は以下です。

  • 参入者が多い
  • 若い人が多い
  • 面白味がある

Webエンジニアは参入者が多く、Twitterにも駆け出しエンジニアというハッシュタグで、皆さん繋がってるようです。

そのため独りを感じず、同じような仲間と頑張れるという魅力もあります。

また、Web以外のエンジニアと話すことがあるのですが、Webエンジニアは「楽しそう、華やか」などの印象があるようです。

そういった意味では面白みがある仕事ですね。

学習 3ヶ月〜6ヶ月

まずは、どれだけ早くても3ヶ月は学習をしましょう。

学習の仕方として以下があります。

  • 独学
  • 職業訓練校
  • プログラミングスクール

私は職業訓練校で学びましたが、最近はプログラミングスクールもおススメです。

Webサービスを作りたい方はプログラミングスクールの方がより専門的に教わることができます。

高額なんじゃ…?と思うかもしれませんが、無料のスクールも出てきてるんで驚きです↓

無料で転職可能なプログラミングスクール5つ(給付金で始めよう)
無料のプログラミングスクールないかな? 定額給付金の10万円でプログラミングを始めたい! この記事では上記のような方に向けて、10万円以内で始められるおすすめのプログラミングスクールを紹介します。

ポートフォリオ、成果物 1か月~

面接で必要となるポートフォリオ、成果物を用意します。

これらも職業訓練校やプログラミングスクールで教わることができます。

だいたい制作に早くても1ヶ月はかかるでしょう。

未経験エンジニアがポートフォリオを作る上で必要なこと・やってはいけないこと
Webエンジニアがポートフォリオを作るときに気を付けるべきことを書いていきます。 ちなみに自分はWeb企業に転職経験が3回、また、企業に在職していた時、面接をしたり志望者のポートフォリオを見る機会が多かったのでその経験も踏まえて解説していきます。

転職活動

ポートフォリオが完成したら転職活動になります。

ここでもとにかく面接は数をこなすこと。

質より量という訳ではないですが、そのくらいの気持ちでないとめげてしまいます…。

だいたいの肌感覚として、面接3社くらい進めば1社は受かる気がします(記憶の片隅。)。

 

未経験でも採用されるWebエンジニアの面接術 最強の裏技とは?
Web業界未経験だけど、どうやったら面接通るの? この記事では自分の下記経験や知見からWeb業界未経験でも採用される面接術について書いていきます。 先にお伝えすると以下のことについて書いていきます。 ・準備が9割 ・面接中やってはいけない仕草 ・面接官の印象を残す意外な裏技

 

まとめ

以上、【事例あり】公務員はIT転職可能?公務員を辞めてIT転職すべき理由でした。

私もそうでしたが、知らない世界は不安でもありますが、同時に楽しみもありますよ。

 

是非一歩踏み出してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました