内定辞退はメールでOK!絶対会って謝罪すべきじゃない理由

Web転職する
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
先日下記記事が話題となりました。
 

日本経済新聞に掲載された記事です。
この記事がえらく叩かれて賛否両論どころか否しかない逆に天晴れな記事になりました。

 

ここまで批判されれば誰もこの記事通りのことをすることはなさそうですが、今後この筆者のように親や大学から言われて迷ってしまう方もいらっしゃるかと思うので
内定辞退する時直接会って言った方がいいの?
なぜ会わない方がいいの?
 

という疑問に対して秀逸なTwitterの反応も含めてお答えします。

 

 

おすすめ新卒転職サイト

  • 日経新聞の記者が学習院大学の「内定獲得後のマナーセミナー」をたずねた
  • キャリアセンターの淡野健担当事務長が就活について2つのケースについて説明した
  • 1つ目は、内定は得たが他に本命があり、就活を継続する場合。内定を保持するのは良いが企業に就活の継続を伝えた方がいい
  • 2つ目は、本命から内定をもらった場合。内定していた企業の人事担当者にメールの送りっぱなしや電話のみでなく必ずその企業に足を運ぶことが重要、礼を尽くすべきと発言
  • さらに人事担当者から「あなたの大学の後輩に影響がでる」などと多少の嫌みを言われることは覚悟しそれでも素直な気持ちで頭を下げれば、「ほとんどの場合、了解が得られる」と学生に講義した

ざっくりまとめただけでもひどい内容であることは十分お分かりいただけるかと思います。
さらに日経新聞の記者もこの事務長の発言に乗っかった主張をしているので日経新聞どうなん?と言われても仕方ないですね。

直接会うべきではない その理由は

双方にとって時間とお金の無駄である

Twitterで多くの人が言っていますが、まず真っ先に時間を相手の時間を奪いますよね。しかも自分も交通費や時間をかけることになるのですが、結果は決まっているので無駄となります。

 

そして人事も時間を合わせなければいけなくなるので、その分無駄な人件費がかかり迷惑になるというのが多くの人の意見です。

自らパワハラに遭いにいくようなもの

つまり、この時点でパワハラはもう成立していますね。
実態として実際直接会って内定辞退した場合下記のことが考えられます。

かなり怖いですよね。恐らくブラックであればあるほど長々説得されるは普通にありそう。

ついでに電話で伝えるのもやめた方がいい

なぜならメールや手紙は一方的に伝えるものだからそれで完結するのです。しかし電話はこちらが喋って相手が喋るので、内定辞退を伝えた後何を言われるかわかったもんじゃありません。

次のツイートを参照ください。

トラウマになるレベルですよね。

 

手紙よりメールが一番早いので良さそうですね。
しかし手紙の方が返信も来ないので精神的に楽という意見もありました。

ちなみにテンプレは下記。

この度は内定のご連絡ありがとうございました。

貴社につきまして慎重に検討した結果、誠に申し訳ございませんが内定をご辞退させていただくことになりました。ご期待に添うことができず心苦しく存じます。

末筆になりますが、貴社のますますのご発展をお祈りいたします。

5秒くらいで終わりそうなタスクですね。

人事の意見

採用側の立場である人事の意見はどうでしょうか。

全うな人事は、会って伝えるとかそんなことしなくていいですよ^^;って感じですね。そりゃそうです。

気まずい、どうしようもない、パワハラでもしようもんならSNSで拡散されイメージダウン。。ってなにもいいことない。

反論:本人か確かめたい

反論というかこういう意見もありました。

考えられなくもないんですが、それに対しては企業側が対策をすればいいだけです。

 

つまり

内定辞退の連絡が電話で来る(本人ではなく他社)

確認も兼ねて人事が辞退者にメールを送信

もし見覚えがなければ、人事に内定辞退していないと連絡する

 

という感じで、人事が「先ほどのお電話にて内定辞退を承りました」と連絡すればいいだけです。

もし自分が電話してなかったとしたらかなり焦りますけどねw

 

メールはパスワードが知られてない限り他者から送られることはないので大丈夫ですね。

まとめ

繰り返し内容をまとめると絶対会って謝罪すべきじゃない(メールにすべき)理由は

 

  •  双方にとって時間とお金の無駄である
  • 自らパワハラに遭いにいくようなもの
  • 電話でもパワハラはあり得る
  • 人事の意見としても来なくていいと言っている

 

電話の相手が本人か確かめる方法は

  • 人事が「先ほどのお電話にて内定辞退を承りました」と連絡する

以上です。

また日経新聞の中で就活はお見合いという表現が出てきまして、皆さんも良く聞く例えだと思います。

もし就活がお見合いであるなら一回デートしたくらいで、付き合いましょうと言われたからって「いや、良いです」って断るだけなのに実際会わないですよねw

メールでお付き合いできません。で終わりで良いじゃないですか。

たいして知らない相手を会ってふるの恐いですよね。

就活生も企業も対等な立場です。就活生も選ぶ側なんですね。

内定を出してくれた企業に感謝しつつもメールで辞退しましょう!

 

おすすめ新卒転職サイト

人気転職エージェント

 

 

人気転職ブログ記事

 

【無料】WebIT系優良就活・転職サイトまとめ
Webist(ウェビスト)

Webist(ウェビスト)は大手企業に強いWeb専門の転職サイト&エージェントです。
特徴・メリットは
・30年の実績
・幅広い働き方を推奨
・大手企業多数
・週3案件が多い
・エージェントの質がいい
などなど。
大手Web企業で転職を決めましょう!

ワークポート

元々IT専門の転職サイトだったためIT業界の求人数が約2000社と圧倒的です。
エージェントも質が高く専門性の高いサポートをしてくれます。
オリジナルツール「eコンシェル」が便利。
【IT業界・ゲーム業界】に強い、転職決定人数 No.1です!

レバテックキャリア

レバテックと言えば、フリーランスエージェントが有名ですが、
そのノウハウをそのままにIT・Webの業界や技術に精通した専任のスタッフが正社員の転職求人を紹介してくれます。
自分も利用した時は条件面交渉もがんばってくれました。

マイナビクリエイター

転職サイトでは3本の指に入るマイナビですが、マイナビクリエイターはその中でもWeb職・ゲーム業界に特化しています。
つまり求人数が多いことはわかるのですが、量よりも質を重視しているとエージェントの方が仰っていたので、よりお勧めできます。

スポンサーリンク
Web転職する新卒
スポンサーリンク
シェアする
フォローする
プロフィール
hoshi

フロントエンドのフリーランスとして企業に週5で業務委託で常駐しています。

正社員からフリーランスになり以下のように変わりました。
・月収 34万→929,346円(最高月収)
・残業時間:最高100時間→0~10時間
・日々の積み上げ:なし→ブログ、筋トレ、プログラミング

このブログでは、フリーランスを目指す方や駆け出しエンジニアの方に向けてWebを仕事にする方法やトレンド情報をアウトプットしています。

技術ブログはこちら→frontendomemo

関係ないですが、オムレツ作るのが好きです。

プロフィール
サイトマップ

宜しければフォロー、feedly登録くださいm(__)m

フォローする
hoshilog

コメント

タイトルとURLをコピーしました