金稼ぎ目当てのプログラミング学習は続かない理由と改善策

プログラミングを学ぶ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
昨今数ヶ月学習したら〇〇万円的なお金稼ぎプログラミングの学習が横行してますね。
確かにプログラミングは高単価なので他の職に比べると平均年収高い気がします。
以下は言語別の年収です。
順位 言語 年収中央値
(万円)
最大提示年収
(万円)
求人数
(件)
1 Go 600 1,600 2,202
2 Scala 600 1,300 1,489
3 Python 575.1 1,499 9,344
4 Kotlin 575 1,200 961
5 TypeScript 575 1,200 667
6 R 574.8 1,000 220
7 Ruby 550 1,200 11,676
8 Swift 550 1,200 3,353
9 Perl 525 1,200 4,509
10 C 525 1,000 9,347
出典:https://www.bizreach.co.jp/pressroom/pressrelease/2018/0807.html
しかし、お金だけがプログラミングをすることの原動力になると十中八九挫折すると思います。
この記事では金稼ぎ目当てのプログラミング学習は継続しない理由と改善策を解説します。

金稼ぎ目的ばかりが横行する現代のプログラミング学習

スクールや教材での誘い文句

どこぞのスクールや教材、プログラミングスクールを紹介するアフィリエイターは、口をそろえてこう言います。
1案件やれば元が取れます
確かに言う通りではあるし自分もこのブログでプログラミングスクールを紹介する身ではあるのですが、元が取れるや高額な報酬をすぐ稼げるような言い方はしていないはずです。

マルチ商法も流行ってる

まさかプログラミング初学者をターゲットにマルチ商法が流行るとは思いませんでしたが、先日ヤフーニュースにもなっていましたね。
こういう人たちは、特に楽して儲ける的な話で誘ってきますのでお気を付けください

儲かるという思考が挫折させる理由

1.プログラミングは楽じゃない

儲かるという言葉の裏には大抵「楽して」という言葉が付きまといます。その為、プログラミング=儲かるというワードが強く結びついた結果、プログラミングで(楽して)儲けたいとなるのですが、プログラミングは決して楽ではないので挫折します。

Twitterでは多くの人は成功体験を書いていいねをもらってるような認識が自分にはあるのですが、意外とプログラミングに追い詰められる人は一定数います。

一見してネットに書き込みするプログラマーは成功者ばかりなので、あまり辛いところに目がいかないのですが物事にはこのような側面もあるということですね。

興味がある方は以下を参照してみてください。

自分が5年いた制作会社でも、鬱っぽくなって求職した人は5人くらいいましたね(ほとんど人間関係でしたが。。)

理想と現実のギャップ

理想は、宣伝文句にあるような○ヶ月で○万円を目指そう!です。
しかし必ずしもそうはいかないですね。

1~2年であれば理想としている年収を目指すことは可能ですが、学習を続けて2~3ヶ月で十数万とか1ヶ月目稼げてもそれを続けるのは非常に困難です。

年数と年収の目安としては、俺的ロードマップを記事にしましたので良ければ参照ください。

【完全無料】未経験からフリーランスエンジニアになるためのロードマップ
未経験からフリーランスエンジニアになるためのロードマップを完全無料で記事にしたいと思います。
つまりその理想と現実のギャップに苦しくなります。
また稼げるようになるまでは努力に次ぐ努力を重ねなければいけないので、楽して稼ぐというのはプログラミングには不似合いな言葉のように思っています。

改善策

ではプログラミングを続けるための改善策を書いていきます。

お金を忘れよ

お金のことは一旦忘れた方がいいです。お金とか邪念です。

金稼ぎたいがきっかけでもいいのですが、プログラミングを始めたら稼げるまではコードに向き合い続けましょう。つまり金のことは忘れるのです。

創造性を働かせよう

プログラミングは創ることなのでそこに興味があったり楽しみを感じなければ続けられません。
こんなサイトを作りたい、こんなアプリやサービスを作ったら需要があるのでは?という思考はありますか?プログラミングを始めてみてももしそういった思考がなければもしかしたら合っていないかもしれません。

なぜならプログラマーやエンジニアは新しいことへの探求心や創ることが好きな人の集まりです。(少なくとも自分の理解では)。そういう人たちと仕事をしていく上で、金稼ぎだけがモチベーションだと完全に負けてしまいます。

最初は無料から動き出そう

つまり挫折するかどうかはプログラミングに向いてるかどうかなわけですよね。
論文でも発表されてるITスキルが高い人の特徴は以下に記事にしています。
IT系に向いてる4つの性格が明らかになった件

まずは、progateやドットインストールでちょっとやって面白そうかを試しにやってみるとよいですね。
ちょっとでも面白いと感じたらプログラミングに向いてると考えていいと思います。

あとは壁にぶち当たった時にさらに努力することでで壁は乗り越えられると思いますよ。

まとめ

以上のことから金稼ぎ目的でプログラミング学習は続かないという結論でした。
理想は下記です。

プログラミングは楽しいことです。なので楽しまずに稼ぐ稼ぐと考えてるのは楽しめないので損ですね。

結果的にプログラミングに夢中になっていて数年経ったら年収1,000万なってた。とかの方が幸せですよね。

以上、参考になれば幸いです。

【激選】おすすめしたいプログラミングスクール3つ
ポテパンキャンプ

TECH::CAMPとTechAcademyに比べると後発ですが、その分お得さに価値を付けています。
なんと転職サポートが付き、ポテパン経由の転職成功では全額キャッシュバック(!?)
TechAcademyとは逆で転職成功で全額キャッシュバックって斬新ですw
しかも卒業生のほぼ全員がWebエンジニアとして転職成功してるとのことなので、どうやって成り立ってるの?というくらいお得なスクール。
無料カウンセリングだけでも受けてみるべき。

TechAcademy

メンターの質が最も高いということで有名なTechAcademyは現役のエンジニアが質問に答えてくれます。
学割があるのも若い方には嬉しいところですね。
TECH::CAMPよりレベルは高めなので、絶対エンジニアになると決めてる人以外は受講しないほうがいいかも。
転職できなければ全額返金の「エンジニア転職保証コース」とかもはやリスクゼロで得しかない...。
キャンセル期間は無料で受講可能。

TECH::CAMP

プログラミングスクールと言えばTECH::CAMPと言われるほど有名なプログラミングスクールです。
オンラインでのメンターへの質問の他、教室も開講していてそちらで質問することも可能です。
やはり直接聞いた方が早かったり、いろんなことが聞けました。
キャンセル期間は無料で受講可能。

スポンサーリンク
プログラミングを学ぶ学習術
スポンサーリンク
シェアする
フォローする
プロフィール
hoshi

フロントエンドのフリーランスとして企業に週5で業務委託で常駐しています。

正社員からフリーランスになり以下のように変わりました。
・月収 34万→929,346円(最高月収)
・残業時間:最高100時間→0~10時間
・日々の積み上げ:なし→ブログ、筋トレ、プログラミング

このブログでは、フリーランスを目指す方や駆け出しエンジニアの方に向けてWebを仕事にする方法やトレンド情報をアウトプットしています。

技術ブログはこちら→frontendomemo

関係ないですが、オムレツ作るのが好きです。

プロフィール
サイトマップ

宜しければフォロー、feedly登録くださいm(__)m

フォローする
hoshilog

コメント

タイトルとURLをコピーしました