【フリーランス】リモートに強いエージェント5社
10万円給付金で始められる無料プログラミングスクール5つ(就職可能)
50,000円がもらえる!フリーランスエージェントの紹介キャンペーン

【2020】動画編集のおすすめスクール比較全13社|映像制作を仕事・副業にしたい人向け

動画編集
動画編集を副業にしたいけどどうやって学べばいい?
映像制作を仕事にしたいけどどこのスクールがおすすめ?
上記のような方に向けて動画、映像を学べるサービス全13個をまとめました。
動画編集スクールの費用感、何が学べるか、などが気になる方は読み進めください。

そもそも動画編集と映像制作は別?

そもそも動画編集と映像制作は似て非なるものです。

動画編集におきましては、昨今のスマホ、YouTubeの普及により需要が急増してるスキルで、副業感覚で始められる技術になります。

映像制作は、完全にプロの技術が求められる世界で、映画、CMなど古くからある職人気質の仕事です。

そのためこれから紹介する教育サービスは、13個もあってどれにしたらいいかわからないという人もいるかもしれませんが、案外目的があればそれに合う学習を提供するスクールが選べます。

最後にまとめとしてどういう人にどれがオススメかも書いていますので、そちらを先に見たいという人はこちらからお願いします。

1.FIVE G TOKYO

コース名FIVE G TOKYO
料金147,800円(入学金98,000円/授業料49,800円)学割あり 分割OK
期間3ヶ月(基礎2週間+実践10週間)
授業形式オンライン
習得スキル
  • Adobe Photoshop
  • Adobe Premiere Pro
  • Adobe After Effects
  • YouTuber系動画制作
  • Vlog系動画制作
  • 動画広告の制作
  • ダイジェスト系動画制作
  • 副業を始める上でのノウハウ
特徴案件の獲得方法や、クライアントとのやり取りも学べる

FIVE G TOKYOは、講師が全て現役フリーランスというのが、最大の特徴です。

そのため、動画制作だけでなく案件獲得の方法など稼ぎ方も学ぶことができるスクールです。

少人数クラス制を導入しているので、孤独にならず動画編集仲間が作りやすい環境です。

  • YouTubeの動画制作をしたい
  • 動画編集で副業したい
  • 実際に活躍しているメンターが欲しい
  • 一緒に学ぶ仲間が欲しい

【公式】FIVE G TOKYOの詳細はこちら

 

2.MovieHacks

コース名動画編集講座
料金69,800円(税込)
期間無期限
授業形式オンライン
習得スキル
  • 0章 事前準備編
  • 1章 カット編
  • 2章 テロップ編
  • 3章 画像挿入編
  • 4章 SE・BGM編
  • 5章 色調補正編
  • 6章 サムネイル編(Photoshopを使用)
  • 7章 アニメーション編(After Effectsを使用)
  • おまけ モザイク
特徴買い切りで無制限サポート

Movie Hacksは、インフルエンサーで経営者の迫さんが運営するスキルハックスの動画講座です。

講師は人気YouTuberの編集を担当する『福島寛人氏』で、実際に編集した動画をサイト内で見ることができます。

最大の特徴は買い切り型で無制限のサポートがつくことです。

もし期間が短ければ延長してさらにお金がかかるか、理解する前に終わって挫折してしまいますがMovie Hacksなら挫折することなく学べます。

 

  • YouTubeの動画編集をしたい
  • 安価で長期間のサポートが欲しい

 

【公式】Skill Hacksの詳細はこちら(Movie Hacksはページ下のリンクから)

 

3.Tech Academy

コース名動画編集コース
料金149,800円/199,000円/249,000円分割OK
期間4週間/8週間/12週間
授業形式オンライン/週2回メンタリング
習得スキル
  • Premiere Pro
  • 動画編集のテクニック
  • インタビュー動画をカット編集
  • 細かいアニメーションを作成
  • 道案内動画を作成
  • トリック動画を作成
特徴現役の動画クリエイターのメンターからサポートが受けられる

プログラミングスクールの大手Tech Academy動画編集コースは、動画編集コースも用意しています。

映像制作歴15年などメンターの経歴が深いのが特徴です。

小手先のテクニックを身につけたライバルに差をつけることができます。

メンタリングで実際に話をすることで業界の知識も高まります。

料金は、他社に比べて多少高いですが、本格的なサポートを受けたい人にとっては後悔しない内容になっています。

  • Premiere Proの使い方を身につけたい
  • YouTuberを目指したい
  • 一流のプロ映像クリエイターに教えてもらいたい

 

【公式】Tech Academy動画編集コースの詳細はこちら

 

4.デジタルハリウッド

コース名ネット動画クリエイター専攻
料金300,000円分割OK
期間3ヶ月
授業形式オンライン(新型コロナウイルスのため)
習得スキル
  • 企画シナリオ
  • ライティング
  • マーケティング
  • Aftter Effects
  • Premiere
  • illustrator
  • PhotoShop
  • Cinema4DLite
  • Davinci Resolve Lite
特徴幅広い学習内容で本格的な映像制作スキルが身につく

デジタルハリウッドは、Webメディアで有名なLIGが運営するスクールです。

企画から学べるため、他の動画編集者と差別化を図ることが可能です。

  • Premiere Proの使い方を身につけたい
  • YouTuberを目指したい
  • 一流のプロ映像クリエイターに教えてもらいたい

 

【公式】デジタルハリウッドの詳細はこちら

5.MOOV SCHOOL

料金1講習(60分)6,000円分割OK
期間最短1ヶ月
授業形式オンライン(Zoom)
カリキュラムオリジナルカリキュラム
習得スキル
  • Adobe Illustrator‎
  • Adobe Photoshop
  • Adobe Premiere Pro
  • Adobe After Effects
  • EDIUS
特徴目的と状況に合わせてカリキュラムと受講スケジュールが決められる

 

MOOV SCHOOLは、一人一人の目的に合わせた完全オリジナルのカリキュラムが魅力です。

ただ、スケジュールが決まるまでいくらかかるかわからないという料金体系が若干不透明に感じてしまいます。

ちなみに週2回とした場合、8回×6,000円なので48,000円です。

  • 自分の目的が明確化されている
  • 受講できる時間がバラバラ
  • マンツーマンで教えてもらいたい

 

【公式】MOOV SCHOOLの詳細はこちら

 

6.Winスクール

料金108,000円
入学金:18,000円
教材費:4,000円
期間2ヶ月
授業形式通学
習得スキル
  • Premiere Proのワークフロー
  • 基本設定と各部名称
  • 素材のキャプチャと準備
  • 基本的な編集作業
  • タイムラインの管理
  • クリップのトリミング
  • トランジションの設定
  • エフェクト効果の適用
  • タイトル作成
  • クロマキー合成
  • 書き出し設定
  • オーディオの調整
特徴教室で個人レッスンしてもらえる

教室で実際に面と向かって教えてもらう方がわかるという人は、Winスクールがおすすめです。

全国に教室があるので、通える地域かを検討してみましょう。

ただこのコロナ禍の現状であればオンラインで学習できる方が賢明です。身体を壊してしまったら元も子もないですからね!

  • 教室で受講したい

 

【公式】Winスクールの詳細はこちら

7.BYND

料金88,000円
期間1ヶ月
授業形式通学(東京)
習得スキル
  • Premiereベーシック
  • 動画編集実践
  • 動画演出基礎
  • 動画完パケ
特徴1ヶ月でかなりハイレベルな動画制作が学べます
BYNDはPC持ち込みで1ヶ月で学ぶ動画とモーショングラフィックスのスクールです。
1ヶ月で学ぶことは、かなりプロに近づくためのカリキュラム設定になっており、副業にしたいというよりは本職にしたいという人が通うスクールと考えた方がいいでしょう。
  • 映像制作を本職にしたい
  • 青山・神宮・東京に通える

 

【公式】BYNDの詳細はこちら

8.ヒューマンアカデミー

コース名動画クリエイター養成コース
料金119,000円 分割OK
期間6ヶ月
授業形式通信講座
習得スキル
  • Premiere Pro
  • 動画編集の基本
  • 高度な編集方法
  • オーディオ編集
  • テロップ挿入
  • 動画の書き出し
特徴通信教育のため自分のペースで仕事ができる

 

スクールというよりユーキャンのように通信講座で学習ができます。

基本的な操作が学べますが、その後の稼ぎ方、営業手法などは自分で手探りすることとなります。

 

  • あくまで〜数万程度の副業でOK
  • 顧客の目処がついている

 

【公式】ヒューマンアカデミーの詳細はこちら

9.Udemy

コース名各動画編集
料金1000〜20,000円
期間なし
授業形式オンライン
習得スキル
  • 各動画による
特徴目的にあった動画を選んで学ぶことができる

Udemyは、プログラミングなどクリエイトに関する動画が沢山あり、目的にあった動画を買いきって受講するスタイルです。

私もかなりお世話になってるサービスです。

ただ、完全初心者だと、あくまで未経験の入り口を教えルことに終始しており、その後実務に移るまでの壁が高い印象です。

ある程度自己解決能力が高い人向けという感じです。

  • 基礎的なことがわかれば、実務は自分で解決していけるタイプ
  • 費用をかけたくない

 

【公式】Udemyの詳細はこちら

10.ジッセンオンライン

コースライトコース
ミドルコース
プロコース
料金4,900円〜
期間1ヶ月
授業形式オンライン
習得スキル
  • Premiereの基礎
  • ロゴ
  • 写真アニメ
  • YouTube風動画
  • モーショングラヒック
  • 3D
特徴月額見放題の動画サービス
ジッセンオンラインは月額見放題の動画サービスです。
動画制作の他にもプログラミングやマーケティングなどの講座も見れます。
  • 映像の他にも様々な領域を学習したい

 

【公式】ジッセンオンラインの詳細はこちら

 

11.宣伝会議

料金90,900円
期間1ヶ月
授業形式通学(東京)
習得スキル
  • Web動画市場
  • 動画マーケティング
  • 企画
  • シナリオ
  • メディア
  • 撮影
  • 編集
特徴広告重視
宣伝会議は広告業界で有名な会社です。
そのため動画講座でも「売れる動画」、「バズる動画」を目的としています。

講義日程が決まっており、次回は

第10期 2021年1月22日(金)開講 全9回
1/22、1/29、2/5、2/19、2/26、3/5、3/12、3/19、3/26を予定
原則金曜日開講(祝日などは休講)
ということなので注意しましょう。
  • 宣伝会議の講座を受けたい
  • バズる方法が知りたい

 

【公式】宣伝会議の動画スクールの詳細はこちら

12.バンタンデザイン研究所 キャリアカレッジ

コース映像制作コース
料金400,000円〜
期間1年間
授業形式東京
習得スキル
  • 企画
  • 脚本
  • 短編作品
  • ショートムービー作品
特徴専門学校
専門学校として展開するバンタンデザイン研究所の映像制作コースとなります。
CM、PV、ショートムービー、WEBコンテンツまでをプロの品質に近いスキル習得が可能です。
  • 専門学校で映像制作を学びたい

 

【公式】バンタンデザイン研究所 キャリアカレッジの詳細はこちら

13.東京映画映像学校

コースプチ・クリエイターコース
料金58,000円〜
期間5週間
授業形式新宿
習得スキル
  • 映画制作スキル
  • 映像制作スキル
特徴映画撮影の専門学校
東京映画映像学校は映画撮影の専門学校です。
実際の撮影現場に行けたり、編集現場が見れたりプロから学べる機会が多くあります。
卒業生は、MV、CM、ドラマ、映画の撮影・編集者など多くの業界人を輩出しています。
  • 映画やCMなどの業界で活躍したい

 

【公式】東京映画映像学校の詳細はこちら

 

動画編集・映像制作が学べる13社全比較!どのスクールがオススメ?

それぞれ

  • 動画編集を副業にしたい人向け
  • 切りのオンライン講座で学びたい人向け
  • 映像制作を仕事にしたい人向け

別でおすすめを分けて比較しました。

動画編集を副業にしたい人向け

FIVE G TOKYOMovie HacksTech Academy動画編集コースデジタルハリウッドMOOV SCHOOLWinスクールBYND
料金147,800円69,800円149,800円〜300,000円(60分)6,000円130,000円88,000円
期間3ヶ月無期限1ヶ月〜3ヶ月1ヶ月2ヶ月1ヶ月
オンラインオンラインオンラインオンラインオンライン通学(全国)通学(東京)
特徴案件の獲得方法YouTube専門大手の安心感企画からオーダーメイドマンツーマンハイレベル

少ない費用で動画編集を学んで稼ぎたいという方は

がおすすめです。

企画から学んで他の動画編集者に差をつけたいという人は、

がおすすめです。

買い切りのオンライン講座で学びたい人向け

ヒューマンアカデミーUdemyジッセンオンライン
料金119,000円1000〜20,000円4,900円
期間6ヶ月なし1ヶ月
受講形式通信講座オンラインオンライン
おすすめの人通信教育に慣れてる人基礎を学べば十分様々な分野を学びたい人

映像制作を仕事にしたい人向け

バンタンデザイン研究所 キャリアカレッジ東京映画映像学校
料金400,000円〜58,000円〜
期間1年間5週間
受講形式通学(東京)通学(新宿)
おすすめの人映像制作で仕事をしたい映画やCMなどの仕事をしたい

まとめ

以上、【2020】動画編集のおすすめスクール比較全13社|映像制作を仕事・副業にしたい人向けでした。

動画編集は現在需要が高まっており、副業化のハードルもプログラミングやブログより低いことで注目されています。

もし自分がやるなら、もっとも安価で無期限のサポートがつくMovie Hacksか、受講経験のあるTechAcademyです。

Tech Academyの1ヶ月分の料金で3ヶ月学べるFIVE G TOKYOも捨てがたいところです。

この辺を実際に問い合わせて無料体験してから自分なりに比較して決めると思います。

参考になれば幸いです。

 

動画編集
フォローする
プロフィール
hoshi

フロントエンドのフリーランスとして週5フルリモートで働いてます。

営業

Webデザイナー(アルバイト)

Webデザイナー(正社員)

フロントエンドエンジニア(正社員)

フリーランスとして独立しました。

詳細なプロフィールはこちらを参照ください。

フリーランスエージェントとは18社面談してきました。

【完全版】フリーランスエージェント18社面談を受けた現役が比較・おすすめランキングを作った

このブログでは、自身の経験からフリーランスを目指す方や駆け出しエンジニアの方に向けてWebを仕事にする方法やトレンド情報をアウトプットしています。

・現金がもらえるキャンペーン
・転職やプログラミングの悩み相談
・仕事の依頼

など、各種お問い合わせはこちらからお願いします。

フォローする
hoshilog

コメント

タイトルとURLをコピーしました