【徹底調査】マージン率の低いPe-BANKを利用して評判を確かめてきた

おすすめエージェント
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 過去に体験したフリーランスエージェントそれぞれの記事はこちらです。
どの記事も実体験をもとにしているため、率直な意見を書いています。

 

Pe-BANKといえばWeb系エンジニア案件に強みを持つフリーランスエージェントですが、実際のところどうなのか?利用して評判を確かめてきました。

エージェントの方から意外な話も聞けたのでその辺も書いていきます。

この記事はエージェント登録8つ目「Pe-BANK 」です。

 

では、実際登録して面談を終えましたのでその感想を書いてみたいと思います。

Pe-BANKの特徴

Pe-BANKの特徴は以下です。

  • フリーランスエンジニア向けサービスの中でも歴史が長い!
  • 登録者の年齢層が比較的高く、安定感のあるサポートが特徴。
  • 一人ひとりとしっかり向き合い、その人にあった案件を提案するサービスです。
  • 就業してるエンジニア数1,945人(2018年)

共同受注契約

Pe-BANKの考え方として共同受注契約があります。つまりエージェント、取引先、エンジニアの3者の関係というより、エージェントとエンジニアがそれぞれ「作業実施責任者」、「代表者」として共同で取引先から受注してるという方針です。

その上でPe-BANKは、エンジニアに厳しい(そこまでではないけど)基準を設けてプロ契約としてエンジニアと契約します。

プロ契約

プロ契約、つまりPe-BANKから仕事を紹介してもらうためには以下の条件があります。

  1. ITエンジニアとしての実務経験が必要
  2. 正式に開業してることが必要
  3. 青色確定申告による申告および納税が必要
  4. お客様との信頼関係を築くための行動が必要
  5. eラーニングを受講合格することが必要
  6. 顧客企業との契約に対する、自らの判断と責任における、すべての契約条件の確認が必要
  7. 自身は自営業者(個人事業主)であり、誰にも雇われていないという自覚が必要

4,6,7はマインドによる面で、1,2,3はフリーランスエンジニアであることの確認、5は登録後、やらなければいけないことになります。

なかなか、他のエージェントにはない基準を設けていると感じました。

しかしそれだけ、エンジニアの価値を高くすることで、取引先との信頼関係の構築ができるのです。

エンジニアの価値が高い=エージェントの評価が上がることになり、エージェントからエンジニアへの提案量も必然的に上がることになるので相乗効果がありますね。

確定申告のサポート

Pe-BANKがめんどうな確定申告のサポートや代行を行います。

フルサポートの内容は以下です。

  • 提出書類の作成指導
  • 税務署への提出代行
  • 納税代行

また税務相談もPe-BANKの委託税理士が行います。

福利厚生

福利厚生は以下があります。

  • 定期健康診断サポート
  • インフルエンザの予防接種補助金
  • フィットネスクラブ補助金
  • メンタルヘルスケア
  • 介護セミナー
  • au機種変更・乗り換えサポート
  • レジャー補助金
  • 一休.comレストラン3000円OFFクーポンの提供
  • Pe-BANK VISAカード
  • アパマンショップの仲介手数料無料

結構面白い福利厚生がいくつかありますね。

フリーランスエージェントのクレジットカードあるのすごいですね。

もし個人事業主になったけどクレジットカードの審査が通りにくくなった人は、Pe-BANKのフリーランス向けのクレジットカードになりますので通りやすいはず。

アパマンショップの仲介手数料無料も、賃貸で引っ越しをしようと考えてる人にとっては嬉しいサービスです。

PE共済会

さらに任意加入の共済会があります。

ケガや病気で働けない場合の所得を補償したり、保険を安く加入で来たりスキルアップの支援を行ってくれます。

スキルアップの支援については

  • 資格、セミナーの補助金制度
  • オラクル認定資格試験。研修サービス割引
  • オライリージャパン書籍20%OFF
  • レアジョブオンライン英会話割引

がありかなり充実してます。

さらにさらに、この他にも交流会やパーティーも用意されてます。
付加価値の部分でもかなり評価されるべきエージェントですね。

マージン率

エージェントのマージン率、つまり取り分は割と気になるところですが、全てのエージェントが公表してるわけではありません。

Pe-BANKは一律のマージン率を公表してるのですが、とても低くて良心的です。

以下のように報酬の受け取り回数によって変わります。

1~12回 12%
13~24回 10%
25回 8%

大抵のフリーランスは20%前後なので3年目は8%とかなり安いですね!
その分エンジニアが貰う報酬は高くなります

Pe-BANK全体の流れ

Pe-BANK全体の流れは下記でした。

面談までの流れ

Pe-BANK の公式サイトで会員登録(30秒)

メールで以下の内容を聞かれる
1.職務経歴書の提出
2.現在の状況
3.就業可能日
4.希望案件
5.打ち合わせ候補日
メールで日程の確定
打ち合わせ場所について
 場所のご都合が悪ければ就業場所近くの喫茶店等で行うことも可能です。
とのことだったので、打ち合わせはこちらの希望する駅付近のカフェになりました。(ありがたい!)

面談の流れ

1.企業・サービス紹介

上記のように、厳格な基準を設けてる点や福利厚生等のサービスについて紹介いただきました。
2.職務経歴紹介

こちらの職務経歴についてざっくり説明します。

3.どんな希望があるか聞かれる

他エージェントでも同じですが以下のようなことをきかれました。

  • 常駐でいいか
  • 週5日でいいか
  • 服装の希望は?
  • 希望する単価は?(消費税込)
  • 勤務地の希望はあるか
  • 企業の規模
  • 希望する技術

3.終了

案件は後日、メールで希望に合うような案件をもらうということで、面談は終了しました。

 

エージェントとの裏話

実は、エージェントの都合で急な日程の変更願いがあり、後日別な日で面談したのですがその理由を聞いてみました。

すると、意外な話だったのです。

 

先日は、急な日程変更すみませんでした。

何かあったんですか?

実は、エンジニアがバックレてしまいまして…

え!?そんなことあるんですか?

たまにあります…。

その他にも、遅刻が多いエンジニアや勤怠が多いエンジニアがいるということで、企業もその辺をかなり危惧しているそうです。

 

Pe-BANKはそのために基準を設けているのですが、若干数このような方もいるそうです。

勤怠の安定しているエンジニアの方は有利ですね。

 

紹介いただいた案件

 

・医療系IoTシステム開発案件/Vue.js+Axios/月70万円
・ECサイト/JavaScript経験3年程度(React/Vue/Angular等の経験あると尚良)/65万円前後

 

マージン率が低いということもあり単価はフロントエンドでも70万前後と割と高めでした!

Pe-BANKを使ってみての感想

いろいろと業界の裏話も聞けましたが、Pe-BANKが良かった点は以下です。

  • マージン率が低い
  • 福利厚生がかなり充実している
  • エンジニアの質を保とうとしている

 

今回企業面談の前に他のエージェントとの案件に決めてしまったのですが、次回また利用させていただきたいです。

Pe-BANKを使ってみて悪かった感想

悪い感想は特にありません。

ただ、

  • eラーニングの受講・合格

が億劫であったり、取り決めが苦手な人は向いてないかもですね。

まとめ:おすすめ度

自分としてはエージェントは

  • マッチングした案件を紹介してくれる
  • 無駄がない
  • 担当者の理解度

という3点でおすすめ度を判断したいと思います。

そういった点で評価するとPe-BANKの評価は以下です。

  • マッチングした案件を紹介してくれる・・・★★★★☆4
  • 無駄がない・・・★★★★☆4
  • 担当者の理解度・・・★★★★★5

点数・・・4.3

 

担当の方も話運びが上手くて、ストレスありませんでした。

また、面談をこちら指定の駅にしていただけるのも嬉しいですね!
飲み物代も出してもらえるので無料で相談してみてはいかがでしょうか?

 

Pe-BANK

【IT】Web系フリーランスエージェント9社を徹底比較

コメント

タイトルとURLをコピーしました