【フリーランス】リモートに強いエージェント5社
10万円給付金で始められる無料プログラミングスクール5つ(就職可能)
50,000円がもらえる!フリーランスエージェントの紹介キャンペーン

【2020年】dodaチャレンジの評判・口コミは?断られる人続出って本当?

Web転職する
dodaチャレンジの評判・口コミが気になる。
断られる人が多いって聞いたけど実際どうなの?

 

この記事では上記のような悩みを持つ方に向けて、dodaチャレンジの評判・口コミをまとめていきます。

この記事では以下のことがわかります。

  • dodaチャレンジの特徴(求人数は?)
  • dodaチャレンジに登録できる障害内容(精神障害でも大丈夫?)
  • dodaチャレンジの評判・口コミ(断られる人は多い?)
  • dodaチャレンジのアドバイザーの熱い想い
  • dodaチャレンジのでの障害者の採用事例
  • dodaチャレンジの職務経歴書の作成方法



dodaチャレンジの特徴(求人数は?)

dodaチャレンジとは?

dodaチャレンジとは、転職サービス「doda」の障害を持った方を対象にする求人を扱う専門のエージェントです。

昨今では障害を持った方の働き先に対する支援や活動が多くなっており、そういった背景の中で生まれたサービスです。

dodaチャレンジの基本情報

対応エリア全国 海外
公開求人数450件以上(2020年)
非公開求人2000件以上
得意業界総合型(営業職、企画・管理、エンジニア職ほか)
運営会社パーソルキャリア株式会社

dodaチャレンジの特徴・メリット

dodaチャレンジの特徴・メリットは以下です。

  • 3障がいすべてに専門性の高いカウンセラーがいる
  • 豊富で安心できる条件の求人が充実
  • 面談カウンセリングやセミナーなどの手厚いサポート

dodaチャレンジでは身体障害、精神障害、知的障害に対応したカウンセラーがいます。

またカウンセラーになるには厳しい社内研修に合格することが基準となります。(詳しくは後述します。)

そのため、障害をもった方でもスムーズに職に就くことが可能です。

dodaチャレンジの求人情報例

日本郵船株式会社 一般事務 年収300万以上 NRIデータ 総務 年収320万以上500万以下

dodaチャレンジではどんな職種の募集がある?

2020/6現在以下の職種の募集があります。

dodaチャレンジの就業先で多い職種は事務のようですが、自分に合った仕事が見つかると思いますのでいろいろ調べてみましょう。

dodaチャレンジの雇用形態は何がある?

    こだわり条件

    以下のこだわり条件も選択できます。

       

      dodaチャレンジの評判・口コミ

      dodaチャレンジの良い評判・口コミ

      【ブログ更新】dodaチャレンジの転職支援が担当二人体制ですごく手厚かった【利用体験記】https://mujina-handicapped.com/archives/1409
      むじなの障害者転職記

      聴覚障害+発達障害者としての転職活動をスタート。エージェント利用の段階からお祈りされるかと不安でしたが、予想以上に求人を紹介してもらえてまずは一安心

      *Franのおすすめ障害者求人サイト*

      知的障害持ちのアルバイト社員だった後輩が、ステップアップして大手企業の契約社員になった時に利用したというdodaチャレンジ。
      後輩曰く「無料でメッチャ親切にサポートしてくれますw」とのこと。

       

      前職では工場の流れ作業を行なっていました。
      でも、自分にはもっとやれる仕事があるはずだと思い、転職を考えました。

      特にやりたい職種は決めていませんでしたが、カウンセリングをしていく中で、アドバイザーの方にこういった仕事が向いているのではないかとアドバイスをもらいました。

      最終的に転職をした会社は結局、転職前と同じ製造工場でしたが前職より年収も上がり満足しています。

       

      漠然と将来に不安を感じ、在職中に転職を考えました。
      ネットでいろいろと検索したところ、有名なdodaに障がい者向けのサイトがあることにびっくりしました。

      dodaの関連会社なら信頼がおけると思い、こちらから応募しました。

      私は発達障害でなかなか周囲に理解してもらえず、前の会社では浮いていましたが、アドバイザーの方はきちんと理解してくださったので、とても嬉しく感じました。

      アドバイザーの方が紹介してくださった企業に、今は勤めています。

      勤め始めてすぐに、またアドバイザーの方から連絡があり、話を聞いてもらえたので安心感がありました。

      引用:https://tenshoku-plus.com/doda-challenge/

      • 二人体制でサポートしてくれる
      • 紹介件数が多かった
      • 年収が上がった
      • アドバイザーに理解があった

      dodaチャレンジの悪い評判・口コミ

      dodaチャレンジの悪い評判としては以下があるようです。

      • dodaチャレンジから連絡がない
      • dodaチャレンジに断られた
      • dodaチャレンジから紹介されない

      いずれもdodaチャレンジから仕事を紹介してもらえないという評判のようです。

       

      【公式】dodaチャレンジに登録する

      dodaチャレンジQ&A

      Q.dodaチャレンジ 面談の面談ではどんなことを聞かれるの?

      こちらは以下のようなことを聞かれるようです。

      • 学歴について
      • 学校生活について
      • 職歴について
      • 転職・退職理由について
      • 障がい・病気について
      • 強みや弱み、スキル、経験について
      • 仕事に求める条件について

      引用:https://tou-tou-tou.com/archives/5411#i-2

      Q.面談は電話でもOK?

      dodaチャレンジの面談は電話でもOKです。

      公式サイトに以下のように記載があります。

      直接お会いする対面式のほか、電話、チャット、テレビ電話でも対応しています。

      Q.dodaチャレンジを利用するための費用は?

      費用は無料です。dodaチャレンジに限らずですが転職エージェントは企業から紹介料をもらうため、就業者はお金がかかりません。

      dodaチャレンジのアドバイザーの熱い想い

      下記の記事はdodaチャレンジのアドバイザーの記事ですが以下要約します。

      働くだけじゃなく「いきいき」と。どんな障がいの方でも支える『dodaチャレンジ』のポリシー
      「自分がいきいき働ける場所なんて、もしかしたらないのかも。」 そんな風に思ってしまう方にこそ、『dodaチャレンジ』を使っていただきたいんです。 ここまで言い切れ...。障害、病気のある方のお仕事選びの参考になるコラムやお仕事がちょっと楽になるためのコラムを書いております。一歩踏み出すきっかけやなにかのヒントになれたら

      本当のところを言うと、障がいのあるで働きたいと思っているすべての方にご登録いただきたい…というのが根底にあります。

      障がいのある方は、「自分なんかに仕事が見つかるはずがない」と思ってしまっている場合も少なくありません。

      でも、『dodaチャレンジ』は人材紹介企業でもシェアの大きいパーソルグループである強みを生かして、ご支援できる範囲の広さと就業後のサポートの安定感などを評価頂いています。

      中略

      障がいのある方がお仕事探しをする場合、まずはハローワークで求人を探し、就職するケースも多いのですが、これって離職率が非常に高いんです。

      雇用側も障がい者を採用するノウハウを持っていないし、障がいのある方も、「なんとなく条件が良い」など少ない情報のなかで消去法的に選んで入ってしまい、結果としてお互い全然幸せじゃなく、早期退職につながってしまうことが非常に多くて。

      そういう意味でも、十分な情報が適性にあった上でマッチングさせるというのが、『dodaチャレンジ』の存在意義だと思っています。

      中略

      ウチは、キャリアアドバイザーになるための研修も結構きびしいんですよ。実際のカウンセリングに紐付いた4つのテーマごとにロールプレイングの課題があって、それを何十回も行い、承認されるまではdodaチャレンジのキャリアアドバイザーとしてデビューすることはできないんです。

      もちろん、研修では企業理解のために営業同行もしますし、それぞれの障がいについての勉強会もあります。

      『dodaチャレンジ』では、障がい者雇用に携わる立場のポリシーとして、その方が長く活躍できるようなご支援をしたいと思っています。

      就職することがゴールではないんです。

      この想いをしっかりとすべてのキャリアアドバイザーで共有して、求職者さまへのカウンセリングをきちんと行うことをなにより大事していて。

      ご支援の際は、これまで「就職は厳しんじゃない?」と言われてきてしまった方ともしっかり向き合い、就職を叶えたケースも多いです。

      求職者さまのご状況によっては、1年以上かけてじっくり転職先を見つけていくこともあります。

      中略

      「どんな障がいのある方でも、いきいきと働ける社会を目指して。」というのが、わたしたち『dodaチャレンジ』の大事にしていることですから。

      最初にもお伝えしましたが、だから「自分なんか」と思ってしまっている方にこそ、まずは私たちにご支援をさせていただきたいんです。

      一緒に、あなたらしく活躍できる場所を探していきましょう!

       

      もし興味ある方は全文読んでみてくださいね。

      dodaチャレンジのでの障害者の採用事例3つ

      障害者の採用事例① 日揮ホールディングス株式会社

      グループ人財・組織開発部
      人財開発チーム
      黒木健人さん 左上下肢機能障害

      私は中途採用担当としてエージェント対応、面接調整を主業務に、採用計画や採用要件定義などコア業務にも携わっています。ルーチン業務をこなすだけの仕事ではないので、入社してまだ半年ほどですが、成長の手応えや思考力が上がったと実感しています。仕事面において、障害の有無で線引きされないことが、当社ではたらく魅力であると私は思います。上司である成川は、「つねにゼロベース」が口癖で、マニュアル通り、前任者通りを良しとせず、改善と工夫を求めます。マニュアルはもちろん大切ですが、何も疑問を持たずに行うことを是としない仕事の進め方が日揮グループらしさだと捉えています。

      数社の勤務経験から、会社によって障害がある社員の受け入れ方に違いがあると感じています。障害者向けの制度があることではたらきやすい方もいらっしゃれば、障害の有無で区別なく、自分がもてる力を発揮できる環境が合っている方もいるでしょう。私には、後者の職場環境が合っていますね。

      dodaチャレンジのアドバイザーは、私の障害のことはもちろん、これまでどんなことに興味があってどんなときに幸せを感じたのか、どんなキャリアを歩んできたのかを、丁寧にヒアリングしてくれました。自分を理解してくれたという安心感がありましたし、また、自分の本当の価値観に気づかせてくれました。
      私は、やりたいことに挑戦する人生を送りたいと思いました。そんな私にアドバイザーが紹介してくれた日揮グループに転職して、本当に良かったと思います。

      障害者の採用事例② 国際石油開発帝石株式会社(INPEX)

      総務本部
      総務ユニット 総務グループ
      佐藤英理さん 右下肢機能障害

      私は、INPEXに転職して6年、一貫して総務ユニットにおります。総務の仕事は多岐にわたりますが、備品管理や社内外からの問い合わせ対応、社内便の発送や郵便の仕分けなどが一日の主な業務です。総務ユニットは約30人、みんな気心が知れた同僚ばかりで、困ったことがあれば同僚にはもちろん、上司にも相談しやすく、はたらきやすい職場環境です。
      私の右足は先天的に筋力が弱いのですが、日常生活に大きな支障はなかったので、大学の就職活動まで自分の障害を意識したことはあまりありませんでした。就職活動で、ある会社の人事の方から障害者手帳の有無について質問があり、そのとき初めて障害について意識しました。前職は一般採用枠ではたらいていましたが、実際、社会に出てみて感じたこともあり、「自分に無理なく正直にはたらきたい」という思いに素直になって、障害者採用枠で転職することにしました。

      最初、キャリアアドバイザーからINPEXを紹介されたときは社名も知らなかったし、グローバルに展開するエネルギー企業なので、英語力が必要なのでは?自分に合わないのでは?という印象でした。私は定年まで長くはたらく気持ちがあり、背伸びをしないでいられる会社選びがしたいと考えていたので、すすんで応募する気持ちになれませんでした(笑)。でも、キャリアアドバイザーから「佐藤さんに、この会社の風土や環境は合っている」と何度も薦められ、面接をうけてみることに。応募前のイメージとは全然違っていて、今となっては、あのときアドバイスを聞いていて良かったと心から思います。やはり、転職のプロのアドバイスは聞いた方がいいですね!

      障害者の採用事例③ ヤフー株式会社

      ピープル・デベロップメント統括本部
      コーポレートPD本部 採用・育成部
      Sさん 聴覚障害

      1年前に障害者採用枠で入社し、採用業務を中心に担当しています。前職は大学卒業後に新卒で一般採用枠で入社しました。私は、聴覚に障害があるのですが、当時、障害者手帳を取得しておりませんでした。日常会話であれば、補聴器や相手の口の動きで理解でき、発話もできるので大きな支障はないと考え、就職も一般採用枠で活動しました。前職の会社は区別なく対応してくれていましたので、在籍した7年の間に、営業、総務、労務と多岐にわたる業務で仕事の領域を広げてきました。しかし、聴覚に障害があったことで、内心困ったことがありました。それは電話対応です。相手の話が聞こえにくい、聞き取れないなど、電話はとても苦手でした。一般採用枠なので、他の社員にできて自分にできないことがあっても良いという考えが私にありませんでした。電話をとらないことは、甘えになるのではないかと、ストレスを感じていました。4年後、人事労務に異動したことがきっかけで、障害者雇用の知識を得ました。これまで障害は不利になると思っていましたが、特性として受け入れる会社がとても多いことを知ったんですね。そこで障害者手帳の取得に至ったわけです。

      取得から数年を経て、より大きな組織で、活躍の場を広げたいと考えるようになり、転職活動を始めました。人事の仕事をしていたので、dodaチャレンジの存在は知っていましたが、知人の勧めもあり、評判が良かったので登録をしました。実際、求人情報も豊富で、キャリアアドバイザーは親身に支援してくれました。特に業務の棚卸しや何ができるのかを言語化することに苦労したのですが、アドバイスは的確でした。面接の練習も行ってくれたので、本番ではあまり緊張せず、伝えたいことを話すことができたと思います。
      思い切って転職活動に踏み切って良かったですね。仕事の可能性が広がったと感じます。これからチャレンジしたいのは、新卒採用の面接官です。特に障害のある学生の支援をしたいですね。私もそうだったのですが、はたらくことにとても不安を感じています。インターンシップから関わって、はたらくことへの不安を取り除いて、当社で、社会で、力を最大限発揮できる応援をしたいと考えています。

      引用:dodaチャレンジ

      職務経歴書作成~おさえておくべき6つのポイント~

      dodaチャレンジでは職務経歴書作成のサポートも受けられます。

      以下を書く上でどうしたらいいのか不安にありますよね。

      • 職務要約・実績
      • 職務経歴
      • 業務詳細
      • 資格取得/語学力
      • 自己PR

      内定が通りやすい書き方はあって、その辺のサポートを受けられるのは、サポートなしで受けるより内定率も上がります。

      まとめ:dodaチャレンジで転職は可能?

      以上、【2020年】dodaチャレンジの評判・口コミは?断られる人続出って本当?でした。

      評判では、紹介されないという方もいました。

      しかし上記のように障がいを持ったかたにしっかり向き合うアドバイザーがいる会社であることは間違ありません。

      もし迷いがある方も一歩踏み出すために一度相談に行ってみてはいかがでしょうか。

       

      【公式】dodaチャレンジに登録する



      コメント

      タイトルとURLをコピーしました