フリーランスエージェントの支払サイトを比較!最も短い支払サイトはここだ!

エージェント比較

支払サイトが短いフリーランスエージェントってどこだろう?

手持ちが少ないので早く報酬が欲しい。

 

この記事では、報酬を早めに受け取りたい方に向けて16社エージェント面談を受けた自分が、支払サイトの短いフリーランスエージェントを紹介します。

お伝えしたい内容は以下です。

  • 支払サイトとは?
  • 支払サイトは誰が決めている?
  • 支払サイトが長いとつらい(実例)
  • 支払サイトの短いエージェント3社
  • 支払サイトの注意点

 

時間がない方に先に結論をお見せします。

以下が、支払サイトの短いエージェントです。

 

支払サイトとは?

支払サイトとはこの場合、フリーランスエージェントから報酬をもらう支払期日のことです。

支払サイト30日

上記のように書かれていた場合、月末締めでその後30日後に支払われることになります。

つまり支払サイト30日は月末締め翌月末払いです。

これまで私が面談を受けた中では月末締めでないフリーランスエージェントはありませんでしたので、どこも月末締めと思ってまず間違いはなさそうです。

しかし支払サイトはフリーランスエージェントによってまちまちなので、必ずそのフリーランスエージェントの支払期日が何日なのか、登録や契約の時は確認するようにしましょう。

支払サイトは誰が決めている?

先述したように各フリーランスエージェントが支払期日を決めています。

よくある勘違いがエンドユーザー、つまり常駐先によって支払先が変わるのでは?と言う誤解ですが、私たちフリーランスが契約してるのはエージェントなのでエージェントの指定した支払期日によるのです。

支払サイトの交渉は可能?

報酬の交渉はできても支払サイトの交渉はできないと思った方がいいです。

なぜなら、多くの企業(特に小さい企業)はリスクを抑えて利益より支出をなるべく遅らせたいのです。

そのため支払サイトの遅いエージェントが存在します。

支払サイトを変えてもらうというのは、そのエージェントの支払条件である規定を変えることになるので難しいですし、それであれば支払サイトの短いエージェントを初めから狙う方がお互い気持ちいい取引ができますね。

どうしても支払サイトを早めたい場合は、相談すべきですが、期待は禁物です。

 

支払サイトが長いとつらい(実例)

私が現在エージェント契約を結んでるのはBTCエージェントです。

BTCの場合、支払サイトが40日です。

40日と聞くと

「働き始めて40日なので来月の10日には振り込まれるだろう」

というのは先述した通り間違えとなります。

1か月間働いてから数えて40日です。つまり、感覚的には2ヶ月と10日後に報酬が支払われることになります。

70日間報酬なしで働くことになります。

私の場合10月から参画しましたので、10月、11月は無報酬です。(厳密には10月は前常駐先の報酬が入りました)

このブログでは毎月月収を報告してるのですが、今月(11月の)の報告が恐いです。。

フリーランスなり立ての方は、前職での給料がその月に振り込まれない方だと本当に2か月間無報酬となりかねないですし、中には60日間(3ヶ月後)というエージェントもありますので気をつけましょう。

 

支払サイトの短いエージェント3社

では本題の支払サイトの短いエージェントを発表します。

1位 tech tree

 

tech treeの支払いサイトはなんと脅威の3日です。

フリーランスエージェントの面談を16社受けた私ですが支払いサイト3日というのはtech treeだけでした。

早く報酬が欲しいという方は間違いなく登録すべきエージェントです。

tech treeは支払サイトだけでなく魅力ある特徴を持っています。

 

  • 全て直案件
  • 対面での面談は必要なし。電話で面談でOK

100%直案件というエージェントはほぼないので、tech treeはフリーランスを考えたエージェントです。

 

【公式】tech treeの無料登録はこちら

 

より詳細にtech treeを知りたい方はこちら↓

【完全版】フリーランスエージェント16社面談を受けた現役が比較・おすすめランキングを作った
【2019年12月最新】東京でおすすめのフリーランスエージェント16社を徹底比較し、最もおすすめなフリーランスエージェントをご紹介します。単価が高い・マージンが安い・福利厚生があるフリーランスエージェントを解説。週3、4案件や、リモート案件もまとめました。

2位 レバテック

レバテックフリーランスの支払サイトは15日です。

恐らく正社員の場合の給与振込と比べても同等かそれより早い支払いですよね。

レバテックはフリーランエージェントでは最も知名度があるので、大手としての余裕があるかもしれません。

 

【公式】レバテックの無料登録はこちら

 

より詳細にレバテックを知りたい方はこちら↓

【暴露】レバテックを通じて常駐した経験から実態や評判を公開
フロントエンドエンジニア経験5年以上の私がフリーランスになり、フリーランスエージェントでは最も知名度が高いレバテックと契約を結び、業務委託をしています。 そのため契約を結ばないとわからないレバテックの実態や評判を実体験を元に余すことなく解説したいと思います。

 

2位 High-Performer

High-Performerもレバテック同様、支払サイトは15日です。

High-Performerの特徴は何と言っても高単価報酬です。

平均報酬80万以上を謳っていますし、実際紹介された案件も高単価でした。

 

【公式】High-Performerの無料登録はこちら

 

より詳細にHigh-Performerを知りたい方はこちら↓

【高単価】High-Performer(ハイパフォーマー)を利用して評判を確かめてきた
フリーランスエージェントであるHigh-Performer(ハイパフォーマー)はINTLOOP株式会社が運営するのエージェント事業です。 大手のエージェントには知名度は劣りますが、だからこその特徴や、実際のところどうなのか?利用して評判を確かめてきました。

 

その他エージェントの支払サイト比較

エージェントによっては案件によって支払いサイトを変えてくるところもありますので、契約する際にも十分注意しましょう。

おそらく先述した支払サイトの短いエージェントはそれを売りにしているので、そのようなことはないはずですが、気になったら企業によって支払いサイトが変わるかどうか聞いてみましょう!

支払サイトにおける注意点

先述したように支払サイトにおける注意点は、長い場合の手元のお金です。

下手すると3ヶ月無報酬のこともあるので、十分手元のお金がある状態でフリーランスになることは言うまでもありません。

自分が常駐してる企業は日本最大手ですし、BTCエージェントも事業歴が長く母体がしっかりしているので、大丈夫ですが、そうでなければ不安だろうなと思いました。

 

まとめ

以上、、フリーランスエージェントの支払サイトを比較!最も短い支払サイトはここだ!でした。

最後にまとめると、支払サイトの短いフリーランスエージェント以下のようになります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました