【フリーランス】リモートに強いエージェント5社
【正社員】リモート求人が多い転職エージェント5社
2020完全版|オンラインプログラミングスクールの比較・おすすめランキング

【休業補償も】コロナの影響でフリーランスエージェントのリモート案件が増えている

おすすめフリーランスエージェント

新型コロナウイルスの影響でほとんどのエージェントや企業との面談はオンラインで行われていますので、ご安心ください。

また、エージェント数社に聞いたところ、リモートワークを採用する企業も増えているということです。

コロナの影響でフリーランスエージェントが紹介するリモート案件・企業は増えている?

この記事では、そんな疑問について書いていきます。

この記事で分かること

  • 休業補償を実施しているフリーランスエージェント
  • リモート案件が増えているフリーランスエージェント
  • アフターコロナはビフォアコロナに戻らない

1 on 1 Freelance

1 on 1 Freelanceでは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響より、

稼働中案件の休業を余儀なくされたフリーランスエンジニアに対して、

契約単価の60%を上限とした休業補償を実施します。

▼BULLET GROUP INC.-NEWS(ニュース)-
https://bltinc.co.jp/news/information-200327/

▼PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000051781.html

対象となるのは、1 on 1 Freelance経由のフリーランスです。

今回のコロナで企業が休業し、自宅待機や契約打ち切りになるフリーランスも増えていることから、かなりありがたい施策ですね。

ドイツが休業中の給与60%補償とのことですからドイツ並みの施策と言えます!

こういった休業補償をしているフリーランスエージェントは私の知る限り他になく、エージェントとしての信頼感が高いと感じました。

 

1 on 1 Freelanceの公式サイトはこちら

 

▼1 on 1 Freelanceの詳細を知りたい方は下記を参照ください!

1 on 1 Freelanceの評判や特徴を徹底解説!【マージン安すぎ】
1 on 1 Freelanceの評判ってどうなんだろう?この記事では1 on 1 Freelanceの評判や特徴、メリット、デメリットを解説します。

リモート案件が増えているフリーランスエージェント

大手2社のフリーランスエージェントにこのコロナウイルスの状況下で、リモート案件の動向はあったか聞いてみました。

ちなみにこの2社のエージェントは、ビフォアコロナ(新型コロナウイルスが流行る前)の時はリモート案件はほぼありませんでした。

その証拠に自分が紹介したリモートを求めるフリーランスを門前払いしたほどです(ひどい!)

リモートの動向を聞いたのは以下の2社です。

レバテックフリーランスのリモート案件状況

やりとりは以下のような感じです。

お久しぶりです!コロナの影響で企業のリモート化は進んでいますか?

 

 

リモート案件につきましては昨年より注力しておりましたので、ここ数ヶ月で案件数は増えてまいりました
また、コロナウィルスの影響で取引先企業がリモートを導入されるケースがここ数日で増加しております
リモートに入られることですぐの受け入れが難しく、そもそもの採用を検討しているという事象もございます。

 

 

つまりまとめると、

  • リモート案件が増加している
  • リモート移行や受け入れに時間がかかってるケースがある
  • リモートの採用を検討段階

という3パターンに分かれるということです。

繰り返しますが、以前ではリモート案件はほぼほぼない、と断っていたエージェントです。

かなりリモート案件の獲得に前向きだと思いませんか?

それもそのはず、現在ではどこの企業もリモートを検討、もしくはもうすでにリモート化しています。

 

【公式】レバテックの無料登録はこちら

 

▼レバテックの詳細を知りたい方は下記を参照ください!

【暴露】レバテックフリーランスを通じて常駐した経験から実態や評判を公開
契約を結ばないとわからないレバテックの実態や評判を実体験を元に余すことなく解説したいと思います。 高額案件、案件数、レバテックのメリットとデメリット、レバテックの悪い評判やうざいというのは真実か というあたりにフォーカスしていくので気になる方に参考になるかと思います。

ギークスジョブのリモート案件状況

やりとりは以下のような感じです。

お久しぶりです!コロナの影響で企業のリモート化は進んでいますか?

リモート作業についてはやはりコロナウイルスの影響で
現時点では増えております。
これをきっかけに今まで消極的だった企業が
リモートワークを導入する可能性は高くなりそうだとは思いますが、
現時点ではなんともいえません。

ちょうどリモート相談可能な案件が増えてきたところだったので、イレギュラーが多い状況ですね。

つまりまとめると、

  • リモート案件が増加している
  • 断言はできないが、コロナウイルスをきっかけにリモートを採用することがありそう

という予想もされています。

ギークスジョブもリモートはかなり少ない印象でした。

しかし、レバテックといいギークスジョブまでもリモートが増えているんだから、多くのエージェントはこの2社と同じ状況と言っていいでしょう。

 

その後、電話でもやりとりしました。

先程フリーランスエージェントのギークスジョブの方と電話しました。

↓わかったこと

✅リモートを採用してる企業が増えている
✅企業の動きが鈍化しているが、全てではない
✅採用を見合わせた企業もある
✅リモートだから単価が少ないわけではない
✅商談はオンラインなのでカメラ、マイクが必要
✅初日だけ出社して以降リモートという企業が多いから
✅フロントエンドで多い案件1位React、2位Vue、3位jQuery

ギークスジョブ曰く、そこまで深刻な事態にはまだ至っていなそう。

事態が長期化すると今のうちに案件は言っておいた方がいい感じもしますね。

 

【公式】ギークスジョブの無料登録はこちら

 

▼ギークスジョブの詳細を知りたい方は下記を参照ください!

【体験談】ギークスジョブを実際に利用して評判を確かめてきた(フリノベが最強)
フリーランスエージェントであるギークスジョブはレバテックに並ぶ業界最大手のエージェントです。 大手のエージェントは案件数が多いため無条件で登録すべきと思っていますが、実際どうなのか? 特徴や評判、フリノベってなに?などの疑問を実際に利用したので紹介します。

アフターコロナはビフォアコロナに戻らない

アフターコロナはビフォアコロナに戻らないと言われています。

コロナ終息後にコロナ前の生活や働き方には戻らないという主張です。

なぜなら、どの業界もオンラインが流しだしそれが定着し、人々の生活になじみだしているからです。

つまり案件を探す時、リモート以外を探すのは逆に困難になっていく未来が来る可能性は高いです。

 

そうなった時に、「リモートはできない」

ではなく

「リモートの案件には慣れています。」

というスタンスの方が、楽に仕事も取れますし、スムーズに仕事ができますよね。

つまり今のうちからリモートの仕事に慣れておくことが重要です!

 

▼フリーランスエージェント18社を徹底的に解説した!

2020完全版|フリーランスエージェント18社面談を受けた現役が比較・おすすめランキングを作った
【2020年5月最新】全18社の面談を受けた私が、単価が高い・マージンが低い・福利厚生があるなどの観点からフリーランスエージェントをランキング化し、解説します。さらに週3、4案件や、リモート案件が多いなど条件別でおすすめなエージェントもまとめました。

まとめ:現在はフリーランスエージェント全体でリモート案件が多くなってる

以上、コロナの影響でリモートの案件が多いフリーランスエージェントが増えているという記事でした。

結論、現在はフリーランスエージェント全体でリモート案件が多くなってるということです。

とはいえ、現状下記に紹介しているようなリモートに強いエージェントよりはまだまだ少ないと思いますのであわせて登録しておくと良いです。

なんにせよ、現代ではリモートで働いておいた方が、長く仕事ができると思います。

 

▼リモート案件に強いエージェント5社を紹介!

【在宅可】リモート(テレワーク)案件に強いフリーランスエージェント4社
この記事では、リモートワーク案件に強いエージェント4社、リモートワークの注意点(初心者はおすすめしない)、リモートワークのメリット・デメリット、リモート案件がない場合の対策法について解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました