【フリーランス】リモートに強いエージェント5社
【正社員】リモート求人が多い転職エージェント5社
10万円給付金で始められる無料プログラミングスクール5つ(就職可能)

職種別・言語別のフリーランスエンジニア単価発表、案件数順も(techcareer freelance提供)

エージェント比較

新型コロナウイルスの影響でほとんどのエージェントや企業との面談はオンラインで行われていますので、ご安心ください。

また、エージェント数社に聞いたところ、リモートワークを採用する企業も増えているということです。

職種別や言語別でフリーランスエンジニアの単価ってどう変わるか気になりますよね。

 

この記事では先日取材に行ったフリーランスエージェントテクフリ(旧techcareer freelance)に職種別と言語別で業務委託の際の単価を教えてもらいました。

 

  • どの言語から勉強したらいいかな
  • 単価が高い言語を勉強したい
  • 自分が習得した言語はいくらくらいだろう?
  • 単純にどの言語が単価いくらか知りたい

 

という疑問をお持ちでしたら、このまま参照ください。

職種別平均単価

職種金額(万円)
1インフラエンジニア75
2スマホアプリエンジニア75
3サーバーサイドエンジニア75
4フルスタックエンジニア74
5フロントエンドエンジニア72
6Webディレクター71
7Webアプリエンジニア67
8アートディレクター62
9Webデザイナー58
10UI/UXデザイナー57

言語別平均単価

職種金額(万円)
1R82
2Scala80
3Kotlin79
4Python79
5GO77
6AWS76
7Ruby76
8Swift76
9Perl75
10Java74
11C73
12PHP72
13JavaScript71
14C#67
15HTML66
16Unity64

案件数

案件数の順位としては、以下のようになっています。

1サーバーサイドエンジニア
2スマホアプリエンジニア
3フロントエンドエンジニア
4UIUXデザイナー
5インフラエンジニア

サーバーサイド言語は以下順に多い

1PHP
2Ruby
3Python
4GO

まとめ 案件数が少ない先端技術は高単価

まだ案件数は少ないですが、先端技術案件は高単価という傾向があるようです。

Python、GO、Kotlin、Scala、Rなどはその傾向が出ていました。

また、フロントエンドエンジニアでも70万を平均で超えていて、テクフリ(旧techcareer freelance)自体高単価なフリーランスエージェントと言えそうです。

 

techcareer freelanceの取材記事は下記になりますので、気になる方は参照ください。

 

【突撃】テクフリの評判が気になるので直接取材してきた(旧techcareer freelance)
techcareer freelance(テクフリ)の評判が気になったので、実際アポを取って取材してきました。 高額案件が多いという評判は本当?他のエージェントと比べてぶっちゃけどう?メリットとデメリットが気になる方に参考になるかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました