フリーランスエンジニアが営業せずに案件を受注する方法

フリーランスになる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

営業つかれるなあ

安定して案件が欲しいなぁ

恐らく駆け出しフリーランスの方はこんなお悩みがあるのではないでしょうか?
自分はフリーランスになって4ヶ月目ですが、営業をせずに毎月80万前後稼いでいます。

 

もしそのくらいの月収でとりあえずOKという人は自分の経験を参考にしていただけると幸いです。

フリーランスエンジニアが営業するのはしんどい

フリーランスエンジニアが営業するのはしんどいというのが、自分の意見になります。
以下でその理由を書いていきます。

昨今の駆け出しフリーランス向けの商材

駆け出しフリーランス向けの営業の有料Noteをいくつか目にしました。

有料ノートを否定するわけではありませんし、営業をするなとかしなくていいとか言うつもりはないのですが、せっかくフリーランスエンジニアになったならPC向き合って自宅なりカフェなどでコード書いていたくないですか?

また、そういった営業伝授では飛び込み営業の方法なども書いてあって、正直もはやフリーランスエンジニアというより訪問販売かと思ってしまいます。

そもそもフリーランスエンジニアが営業するのは2つのリスクがあります。

時間のリスク

営業とコードを書くのは全く別のタスクになるため営業している時はコードを書けませんし、コードを書いてるときは営業できないので非常に効率は悪いですよね。

また、営業して案件が取れたからと言って、次の案件を受注するにはコードを書きながらの営業になります。営業に時間がかかってしまってはコード書けませんし、コードに集中し過ぎては次の仕事が入りません。

つまりフリーランスとしては、致命的なリソース不足に陥ります。

精神的なリスク

仕事が入らないことへの焦り、エンジニアとして成長できない、またコードが書けないことへの焦りによって精神的に不安定になるリスクが考えられます。

現に駆け出しフローランスの方で仕事が取れない方は少なくありません。

あなたがクラウドワークスで受注できない理由

そもそも営業したくてフリーランスエンジニアになったのですか?

そもそもフリーランスエンジニアの方は、営業なんてできればしたくないと思ってるかと思います。
でも、営業しないと仕事が入ってこない。。

つまり昨今の駆け出しフリーランスという働き方はそのくらい過酷な働き方で、駆け出しフリーランスを推奨するインフルエンサーや情報発信者は割と残酷だなと見ていて思う訳です。

さて、だいぶネガティブなことを書いてきましたが、どうすれば営業しなくていい状態になるのか、
以下にその解決方法について書いていきたいと思います。

営業しなくていい理由とは

先述した通りフリーランスになってから営業したことありませんし、今後も不要と考えています。
その理由を挙げていきます。

人脈がある

人脈があるため、仕事に困りません。
フリーランスになってからの仕事の貰い方は以下です。

  • 元いた会社からの紹介で業務委託先に常駐
  • エンジニア仲間からLPの依頼
  • 委託先で知り合ったフリーランスの人からWebサイト、LPの依頼
  • 友人の奥さんが起業したためWebサイトの依頼

つまり自分から仕事をくださいと言うのはあいさつ程度で言ったことはありませんが、営業という営業は一回もせずとも上記のみで月80万達成可能です。

技術力がある

技術力があるといっても、求められたものに9割の品質で返せばまずはOKです。
先の自分が見た営業ノートでは、技術力があろうがなかろうが自信満々で営業しろと言うようなことが書いてあり、ん~って感じでした。

仕事を受ける以上、プロとしての責任を持たなければいけないと考えます。
自分はこれをやれば月~万稼げます!などの稼ぐ先行の考えはあまり好きじゃありませんね。

そして品質が良ければリピートしてもらえるので、さらに営業入らずです。

駆け出しフリーランスエンジニアが営業なしで案件を取るにはどうすればいい?

では駆け出しフリーランスはどうしたらいいかという話になります。
人脈や技術力がまだ発展途上なのは悪いことではありません。

自分としては、そういった人たちに病まずにエンジニアを続ける方法として以下を主張しています。

未経験でいきなりフリーランスあり?なし?Twitterの秀逸知見まとめ

上の記事で詳細に書いているのですがまとめると

  • 会社に属する
  • 常駐する
  • パートナーを見つける

です。

一つずつ解説します。

会社に属する

会社に属するだけで以下のメリットがあります。

  • 給与という安定
  • 社会保障制度や健康保険費を会社が負担
  • 交通費が出る
  • 分からないことは先輩が教えてくれる
  • 仲間ができる
  • 人脈ができる

せっかくフリーランスになったのにという感じですが、むしろ一度会社員になってからでもまたフリーランスになれますし、駆け出しフリーランスの頃より様々な武器ができるので営業も必要ありません。

またフリーランスをやっていたというだけでモチベーションの部分は既に合格しているため転職でも有利かと思います。(フリーランスになってから転職したことはないので憶測で失礼します。)

自分は転職の際以下のサイトに、お世話になりましたのでよかったら参照ください。

常駐する

会社に属しない常駐という案件は、自分もそうしていますがいい働き方だなと思っています。

理由は以下です。

  • フリーランスと会社員のいいとこどり
  • 安定してお金が入る
  • 仲間ができる
  • 半年など契約更新のタイミングで他の会社にいける
  • そのため自分が望む技術を習得しやすい
  • 残業が基本ない

自分の場合、常駐だけで会社員時代の2倍報酬を貰っている為、本当にこの道を選んでよかった(もっと早くえらんでおけばよかった)と思っています。

委託業務のエージェントはレバテックが最も大手です。

業務経験が半年~1年あれば常駐案件を紹介してもらえそうです。

まとめ:自分の案件譲ります

それでもフリーランスでいたい、営業はやっぱりしたくないけど、会社勤めも常駐も嫌だ!という人もいるかもしれません。

そういう人に対して自分が何かできないかなと考えました。それが3つ目のパートナーを見つけるです。
自分は先述の経由で今後も案件をもらえると思いますが、溢れて自由な時間が無くなることも考えられるので、そういった案件をお願いしたいと思っています。

詳細は個人的にやり取りさせて頂きたいのですが、そういった方がいらっしゃいましたら自分のTwitterにDMいただけますでしょうか。

また案件をやらせるだけではなく、わからないところのアドバイスや今まで培ったテンプレートなどお渡しできるかなと思っています。

 

あまり多くの人数を募集しているのではないので、人数制限に達しましたら締め切らせていただきます。

という訳で、フリーランスエンジニアが営業せずに案件を受注する方法でした。
気楽に頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました