【フリーランス】リモートに強いエージェント5社
フリーランスエージェントのおすすめ30社をランキング 気になる1位は?
50,000円がもらえる!フリーランスエージェントの紹介キャンペーン

【2024】Midworksのマージンはいくら?メリットとデメリットを解説

本ページにはプロモーションが含まれます

Midworks
Midworksのマージンは何%?
Midworksに登録することのメリットとデメリットが知りたい!

 

この記事では上記のようなフリーランスエンジニア・デザイナー・PMの方に向けて、Midoworksのマージン、メリット、デメリットを解説します。

 

この記事を書いてる私は現在フリーランスエンジニアとして業務委託で働いています。
これまで28社のフリーランスエージェントと面談や取材を行なってまいりました。

 

その経験を元にMidoworksがおすすめのエージェントかを書いていきます。この記事では以下のことがわかります。

  1. Midoworksのマージンは何%?
  2. Midoworksのメリット・おすすめの人
  3. Midoworksのデメリット・おすすめではない人

\\\\ 福利厚生が大人気のフリーランスエージェント ////

Midworksの公式サイトはこちら

【2024】大阪で評判がいいフリーランスエージェント【10社比較】
大阪でおすすめのフリーランスエージェントはどこ? フリーランスエージェントを選ぶ時の基準は? 大阪の業務委託の単価はどのどのくらい? といった疑問を解決していきます。

Midworksとは?

Midworksは、2013年に設立した株式会社Branding Engineerが運営する、大手企業からスタートアップベンチャー企業まで、幅広く案件をフリーランスに紹介するフリーランスエージェントです。

フリーランスエージェントとは長い付き合いになるため運営会社もしっかりチェックしておきましょう。

株式会社 Branding Engineerの会社概要

会社名株式会社 Branding Engineer
本社所在地東京都渋谷区円山町28-3 いちご渋谷道玄坂ビル5F
設立2013年10月2日
代表取締役河端 保志
事業内容ITを活用したサービス事業

Midoworksのマージンはいくら?

結論から言うと、Midworksのマージンは非公開です。

以下はMidworksのマージンの特徴です。

  1. 非公開
  2. 比較的マージンが低い
  3. 福利厚生があるため実質もっと低い

1.公開していない

多くのエージェントは、マージンを非公開にしている場合が一般的です。

その理由として、フリーランスからマージンが高いことに不満が出る、人・案件によってマージンが変わる点が挙げられます。

Midworksも例に漏れずマージンを公開していません。

2.比較的マージンが低い

一般的なフリーランスエージェントは30〜40%がマージン手数料を取られてしまいます。

つまり100万円単価の仕事は、60〜70万円フリーランスが受け取り、30〜40万円エージェントが受け取るわけです。

そうなるとフリーランスからすると、何もやってないエージェントが毎月30〜40万円売り上げが上がるのは我慢できない!作業してるのは自分だから100万円欲しい!と思う方もいるかもしれません。

そういう方は、直接仕事ができるクラウドワークスSOKUDANがおすすめです。

ただ自分がなぜフリーランスエージェントおすすめするかというとマージン取られても、それでも単価が高いという理由です。

もっとマージンが低いエージェントについて詳しく知りたい方は下記を参照ください。

フリーランスエージェントのマージン一覧公開【最も手数料が安いのは?】
フリーランスエージェントってマージン取ってフリーランスから搾取してるって聞いたけど本当? この記事では現役フリーランスエンジニアの私がフリーランスエージェント各社のマージン一覧、そもそもマージンとは?、マージン率よりも恐ろしいこととは?について書いていきます。

3.福利厚生があるから実質もっと低い

Midoworksのマージンは非公開ですが、福利厚生が充実してるのでマージンに直すと実質もっと安いと言えます。

Midoworksの福利厚生はこちら▼

  1. 毎月の書籍代、勉強会費を1万円補助
  2. 交通費全額負担
  3. 生命保険料半額負担
  4. 会計ソフトfreeeが無料
  5. フリーランス協会が無料
  6. リロクラブ(年間30万円相当)の福利厚生

上記、福利厚生を活用すればするほど実質のマージンも下がります。

他のエージェントで福利厚生がないところはザラです。

福利厚生が多いおすすめのエージェントはこちら▼

福利厚生が豊富なおすすめフリーランスエージェント4社【デメリットも解説】
福利厚生が豊富なフリーランスエージェントを知りたい! フリーランスエージェントを選ぶ指針として福利厚生というのはありだなと思っています。 この記事では、特に福利厚生が充実してるフリーランスエージェントを解説します。

Midoworksのメリット・おすすめの人

Midworksのメリットは以下です。

  1. 週3・リモート案件が多い
  2. 福利厚生がもらえる
  3. マージンが低い

2と3は先述しましたが、週3・リモート案件が多い点もメリットでしょう。

そのため以下の人におすすめです。

  1. 多様な働き方の案件を探してる
  2. より労働に見合う対価が欲しい
  3. 福利厚生を利用したい

Midoworksのデメリット・おすすめしない人

反対にMidoworksのデメリットは以下です。

  1. 案件紹介が他社より少ない
  2. 関東圏、関西圏しか今のところ対応していない
  3. 支払いサイトがそこまで早くない

1.案件紹介が他社より少ない

自分の経験上、またはネットの口コミを見ると案件紹介が比較的他社より少ない点がデメリットです。

もしかしたら、かなり狙いを定めて紹介してる可能性もありますが、せっかく登録したのに紹介がないと寂しいですよね…。

そのため保険の意味も込めて数社登録しておくことは重要です。

案件が多いのは、レバテックフリーランスギークスジョブPE-BANK、この辺りです。

詳細に知りたい方は下記記事を参照ください。

【2024年】フリーランスエージェントのおすすめ30社をランキング
全30社の面談を受けた私が、単価が高い・マージンが低い・福利厚生があるなどの観点からフリーランスエージェントをランキング化し、解説します。さらに週3、4案件や、リモート案件が多いなど条件別でおすすめなエージェントもまとめました。

2.関東圏、関西圏しか今のところ対応していない

Midworksの対応エリアは「東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都・兵庫・滋賀」です。

そのため他のエリアに住んでるかは案件紹介してもらえるか実際に確認した方がいいです。

なぜかというとあながちお断りということもないからです。

昨今フルリモートワーク時代ですよね。

そのため会社が関東圏、関西圏であろうとフリーランスは別の地域に住んでいるという方が普通にいらっしゃいます。(同じチームで別エリアのフリーランスが参画していることは経験上普通にあることです)

そのため、対応エリアではないからと諦めるのではなく一度エージェントに相談するのが良さそうです。

各都道府県対応のフリーランスエージェント一覧
関東以外に住んでるけど、住んでるエリアに対応してるフリーランスエージェントいないかな? この記事では、上記のような方に向けてそれぞれの地域対応のフリーランスエージェントを紹介していきます。北海道〜九州に分けて書いていきます。

3.支払いサイトがそこまで早くない

Midworksの支払いサイトは、20日(月末締め翌月20日支払い)です。

15日やもっと支払いが早いエージェントもありますので、支払いが早い方がいいという方は下記を参照ください。

【2024】フリーランスエージェントの支払サイトを比較!最も支払いが早いのは?
支払サイトが短い(支払いが早い)フリーランスエージェントってどこだろう?手持ちが少ないので早く報酬が欲しい。 この記事では、報酬を早めに受け取りたい方に向けて18社エージェント面談を受けた自分が、支払サイトの短いフリーランスエージェントを紹介します。

\\\\ 福利厚生が大人気のフリーランスエージェント ////

Midworksの公式サイトはこちら

ギークスジョブと合わせて登録したいフリーランスエージェント

HiPro Tech

対応エリア・地域東京都、神奈川、千葉、埼玉
対応職種フロントエンド・サーバーサイド・iOSエンジニア・Androidエンジニア・汎用機エンジニア・インフラ・ネットワーク・データベース・データサイエンティスト・PM / PL・ディレクター・プランナー・デザイナー・その他
支払いサイト月末締めの翌月末の支払い(企業によって変更あり)
最高単価150万円
平均単価/平均年収76.6万円/920万円
スクロールできます

情報:HiPro Tech

HiPro Techの特徴・メリット

HiPro Tech の特徴は以下です。

  1. 累計契約社数は950社
  2. 高単価の契約が実現しやすい(最高単価150万円)
  3. リモート案件が84%、週3案件も
  4. 企業との直接契約が可能
  5. サポート体制の充実

特徴① 累計契約社数は950社

HiPro Tech は、2022年8月時点での累計契約社数は950社を突破し、ITエンジニアからコンサルタント、WEBマーケティングまで幅広い案件が提供されています。

特徴② 高単価の契約が実現しやすい(最高単価150万円)

HiPro Tech は、多くの案件が事業会社や直請けで、高単価の契約が実現しやすい特徴があります。

約60%の案件が80万円以上で、最高150万円(ITエンジニア)や最高200万円(ITコンサル)などの高単価案件が充実しています。

非公開案件も幅広く提供されています。また、HiProTech利用者は平均10%年収アップしています(2021年5月~2022年5月実績)。

特徴③ リモート案件が84%、週3案件も

リモート案件が84%と多数あり、柔軟な働き方が可能です。案件の種類も短期から中期、週3~週5まで幅広く、最短1週間での案件参画が可能です(2022年8月時点)。

フルリモートであれば通勤電車から、完全にさよならできますし、どこの地域からも東京などの案件を獲得することができます。

現在最初から最後までリモートワークという働き方がHiPro Techが紹介する案件では増えています。

特徴④ 企業との直接契約が可能

企業との直接契約が可能で、温度感のあるコミュニケーションが取りやすい環境です。直接契約により、コミュニケーションが明確で迅速に行えます。

特徴⑤ サポート体制の充実

サポート体制が充実しており、面談対策だけでなく、案件参画後も希望に応じた稼働フォローや次回案件の提案などが行われます。

HiPro Techのデメリット・おすすめしない人

HiPro Techは大手企業がスタートさせたとは言っても、フリーランスエージェント自体の歴史は浅いので、そこも含めて許容できる人におすすめです。

ルール等も一緒に作っていくという感じなので、単価設定なども臨機応変に対応してくれるはずです。

 

【公式】HiPro Techの無料登録はこちら

 

HiPro Techについてさらに詳細について知りたい方はHiPro Techの評判は!?特徴や使うべき利点を徹底解説【フリーランスエンジニア向け】を参照ください。

 

Midworksのマージンまとめ

以上、【2024】Midworksのマージンはいくら?メリットとデメリットを解説でした。

もう一度、Midworksのマージンについてまとめると以下です。

  1. マージンは非公開
  2. 比較的マージンが低い
  3. 福利厚生があるから実質もっと低い

 

以下が当てはまるフリーランスエージェントにおすすめです。

  1. 多様な働き方の案件を探してる
  2. より労働に見合う対価が欲しい
  3. 福利厚生を利用したい

Midworksの情報をまとめると以下になります。

対応エリア・地域東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都・兵庫・滋賀
支払いサイト20日(月末締め翌月20日支払い)
手数料(マージン)非公開
最高単価200万円
平均単価72.2万円

情報:フリーランススタート

まずは、希望に合う案件があるか相談してみてください。

\\\\ 福利厚生が大人気のフリーランスエージェント ////

Midworksの公式サイトはこちら

フリーランスエージェントの登録者数が多いランキング|当サイト調べ
ギークスジョブ
対応エリア・地域東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・愛知県・大阪府・福岡県
支払いサイト25日(月末締め翌月25日支払い)
手数料(マージン)非公開
最高単価150万円
平均単価71.8万円

ギークスジョブの特徴は以下です。

  • 業界実績15年以上、取引企業数3,000社、登録エンジニア数12,000名の実績
  • コンサルタント、営業、参画後のサポートと、3名によるサポート
  • 福利厚生サービスが充実してる
  • 総額最大160,000円の紹介キャンペーンがある
Midworks
対応エリア・地域東京・神奈川・埼玉・千葉・関西
支払いサイト20日
手数料(マージン)非公開
平均年収238万円UP

Midworksの特徴は、以下です。

  • 福利厚生が半端ない
  • リモートや週3、4案件もあり
  • マージン率が低い

フリーランスとして働きながら充実した福利厚生も受けたい人はおすすめです。

レバテックフリーランス
対応エリア・地域東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡
支払いサイト15日(月末締め翌月15日支払い)
手数料(マージン)非公開
最高単価125万円
平均単価65.6万円

レバテックはフリーランス仲間からも高評価な安心できる転職支援サービスです。
大きな特徴は何といっても大手エージェントとしての安定感にあります。
求人数は他社を圧倒しています。

  • 登録者数:107,000人※レバテックサービス登録者数(2019年3月)
  • 認知度:業界No.1※2017年4月 クロスマーケティング調べ
  • 年間提案数:103,953件
  • 月間新規案件数680件以上

自分は、単価上げの交渉をしていただき最終的に最初の提示額より15万上げてもらいました。
必須で登録すべきエージェントです。

エンジニアルート
対応エリア・地域東京・神奈川・埼玉・千葉
支払いサイト30日(月末締め翌月末日支払)
手数料(マージン)10%以下
最高単価180万円
平均単価/平均年収68.9万円/826.8万円

特徴は、

  • 最先端からレガシーな案件まで扱ってるため案件や年代の幅が広い
  • 直接のユーザーや大手企業も多いため、高単価が可能
  • 他社と比べて圧倒的にマージン率が低い

などの特徴があり、アットフォームな雰囲気なので業務委託が初めての人でも安心です。
人気急上昇中のエージェントです。

Midworks フリーランスになる
フォローする
プロフィール
hoshi

フロントエンドのフリーランスとして週5フルリモートで働いてます。

営業

Webデザイナー(アルバイト)

Webデザイナー(正社員)

フロントエンドエンジニア(正社員)

フリーランスとして独立しました。

詳細なプロフィールはこちらを参照ください。

フリーランスエージェントとは28社と面談・取材してきました。

【完全版】フリーランスエージェント28社面談を受けた現役が比較・おすすめランキングを作った

このブログでは、自身の経験からフリーランスを目指す方や駆け出しエンジニアの方に向けてWebを仕事にする方法やトレンド情報をアウトプットしています。

・フリーランスエージェント紹介キャンペーン
・転職やプログラミングの悩み相談
・仕事の依頼

など、各種お問い合わせはこちらからお願いします。

フォローする
hoshilog

コメント

タイトルとURLをコピーしました