【フリーランス】リモートに強いエージェント5社
10万円給付金で始められる無料プログラミングスクール5つ(就職可能)
50,000円がもらえる!フリーランスエージェントの紹介キャンペーン

【2022】フリーランスエンジニアの案件獲得方法を現役エンジニアが伝授

おすすめフリーランスエージェント

新型コロナウイルスの影響でほとんどのエージェントや企業との面談はオンラインで行われていますので、ご安心ください。

現在ではリモートワークを採用する企業が大多数です。(中には週1常駐などの企業もあります)

フリーランスエンジニアになった場合、どうやって案件獲得したらいいんだろう?
この記事では、2018年にフリーランスエンジニアになった現役フリーランスエンジニアの私が、どうやって案件を獲得しているかご紹介します。
その他、私がやっていない案件獲得方法も余すことなく紹介し、それぞれメリット、デメリットもご紹介します。

フリーランスエンジニアの案件獲得方法

フリーランスエンジニアの案件獲得方法は以下です。

  1. フリーランスエージェント
  2. 過去に勤めた会社から案件をもらう
  3. 知り合いから案件をもらう
  4. SNSで案件をもらう
  5. クラウドソーシング

1.フリーランスエージェント・・・おすすめ度★★★★★

まず最初にご紹介したい案件獲得方法はフリーランスエージェントです。

私自身フリーランスエージェントから案件をもらうことが一番多いのが事実です。

メリットとしては、比較的単価が高いこと(60〜80万円/月、多ければ100万円超えの案件も)です。また、案件が途切れる時は再びエージェントが探し出してきてくれます。

案件を紹介されたら企業、エージェント、フリーランスの3者で面談をします。エージェントは司会的立場で、面接に近い感じです。

面談では、お互いの要望にマッチングするかを探る必要があります。

デメリットは、働き方として正社員と同じようになってしまう点です。

週2、3案件もありますが、まだまだ週5案件の方が多いですし、時間も始業時間と終業時間が決まってることがほとんどです。(10:00〜19:00など)

ただその方が安定している、不規則にならなくていいという人にはおすすめです。

  • 単価が高い
  • 案件が途切れづらい
  • 経験1年以上からの案件もある
  • 就業時間などの働き方が正社員の時と変わらない

↓おすすめフリーランスエージェントを紹介しています

2.過去に勤めた会社から案件をもらう・・・おすすめ度★★★★

次に、前職で勤めてた会社から案件をもらうというフリーランスエンジニアも多いでしょう。

私自身フリーランスとしての最初の案件は、前の会社からもらった案件でした。

会社から離れたくてフリーランスになったのもありましたし、あまりモチベーションは上がりませんでしたが、困ってる時はお互い様というように縁は大切にすることをおすすめします。

勝手がわかってるので、やりやすいといいうのが何よりもメリットでしょう。

案件、スキル的に別なことがやりたいとか、会社との関係が良くなければ前の会社から案件をもらうことはそもそも向いてないでしょう。

  • 最初の案件としてはやりやすい
  • 同じ業務のためキャリアアップがしづらい
  • 会社との関係が良くなければ案件はもらえない

3.知り合いから案件をもらう・・・おすすめ度★★★★

知り合いのつてで案件をもらうというのは、昔からある方法です。

その知り合いの規模にもよりますが、進め方、報酬などこちらに裁量権がある場合が多いのがメリットでしょう。

デメリットは、よほど大きな会社でないと単発で終わってしまう点です。

そうなると何件も案件をやる必要がありますが、何人も案件を振ってくれる知り合いがいますでしょうか。

そうなってくると知り合いからだけでなく他の方法も併用して案件を獲得する必要があります。

  • 進め方、報酬などこちらに裁量権がある場合が多い
  • 単発で終わってしまう
  • 他の案件獲得方法を併用する必要がある

4.SNSで案件をもらう・・・おすすめ度★★★

フリーランスエンジニアの最近の案件獲得方法として、話題なのはSNSを通して案件をもらう方法です。

しかし、これは毒にも薬にもなります。

お互い素性の知らない相手と仕事をするわけですから、リスクも考えておいた方がいいでしょう。

最悪、報酬がもらえないということも普通にあります。

私は実際そういう人を何人も見てきました。

そういったことに備える対策として、SNS上でやり取りを重ねることはもちろんのこと実際に会ったりして本当に仕事を任せられそうか判断する、という方法もあります。

また、発信内容、フォロワー数なども合わせて考慮すると良いでしょう。

  • 最新の案件獲得方法
  • 広告費がかかってないから好条件の案件があることも
  • ちゃんとした企業でなければリスクが高い
  • 個人個人で請け負うことはおすすめしない

5.クラウドソーシング・・・おすすめ度★★

クラウドソーシングは、クラウドワークスランサーズなどありますが、競争率が高い、買い叩かれるというデメリットがどうしても拭えません。

クラウドソーシングが出始めの頃ならポジションも取れましたが、今からだと無理ではないですが、相当厳しい印象です。

同じ内容の仕事なら絶対フリーランスエージェントに頼む方が絶対単価も高く、安定しています。

  • ポジションが取れているなら有利な市場
  • 競争率が高い
  • 買い叩かれるため報酬が低い

 

以上が、フリーランスエンジニアの案件獲得方法です。

その中で最もおすすめなのが「フリーランスエージェント」を使う方法です。

フリーランスエージェントは何社もあるので、人気なおすすめのフリーランスエージェントを4社紹介します。

フリーランスエンジニアにおすすめのエージェント

フリーランスエンジニアにおすすめのエージェントは以下です。

上記フリーランスエージェントはエージェント業界の4強なのでこのエージェントに案件を探してもらうことをおすすめします。

1.PE-BANK

案件数50,000件以上
対応エリア・地域東京・神奈川・埼玉・千葉・北海道・宮城・茨城・栃木・岐阜・静岡・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・香川・愛媛・福岡・佐賀・熊本・鹿児島
支払いサイト40日~
手数料(マージン)契約回数毎に変動:12%(1回~12回),10%(13回~24回),8%(25回以上)
最高単価308万円
平均単価70万円(年収847万円)

情報:フリーランススタート

PE-BANKの特徴

PE-BANKの特徴は、以下です。

  1. マージンを包み隠さず公開してる
  2. 創業30年以上、案件数50,000件以上の実績
  3. 対応エリアがほぼほぼ全国
  4. 福利厚生がかなり手厚い

PE-BANKは、福利厚生も充実していてマージンも明確になっているフリーランスからとても人気のあるエージェントです。

創業実績も30年以上と信頼できるエージェントです。

 

【公式】PE-BANKの無料登録はこちら

【徹底調査】マージン率の低いPE-BANKを利用して評判を確かめてきた
PE-BANKといえばWeb系エンジニア案件に強みを持つフリーランスエージェントですが、実際のところどうなのか?利用して評判を確かめてきました。 エージェントの方から意外な話も聞けたのでその辺も書いていきます。

2.フリエン

フリエンの基本情報

フリエンの基本情報は以下です。

対応エリア・地域東京、神奈川、埼玉、千葉、滋賀、大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、岐阜、愛知、三重、福岡
支払いサイト月末締めの翌15日、30日、60日支払いのいずれか選択化
また、即日払い・当月25日払いも可能(手数料それぞれ3%、5%)
手数料(マージン)非公開
最高単価100万円
平均単価/平均年収72万円/864万円

情報:フリーランススタート

フリエンの特徴・メリット

PE-BANKの特徴は、以下です。

  1. 案件成約率が80%以上
  2. エンド直案件豊富
  3. 案件数30,000件以上保有(フルリモート案件、週2〜3案件豊富)
  4. フリーランスへの報酬を先払い(フリエンペイ)

フリーランスエージェント未経験の方やフリーランスを検討してる段階でも相談可能です。

また、職務経歴書の書き方を教えてもらえたり、スキルシートのテンプレートがもらえるのでおすすめです。

 

フリエンの公式サイトはこちら

フリエンの評判!支払いサイトが鬼!?福利厚生が奇抜すぎる!?徹底解説【2022最新】
この記事では上記のようなフリーランスの方に向けて、フリエンの評判や特徴、メリット・デメリット・支払サイト・福利厚生のfuriwell(フリウェル)を徹底解説します。

 

3. レバテックフリーランス

対応エリア・地域東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・滋賀・京都・愛知・福岡
支払いサイト15日(月末締め翌月15日支払い)
手数料(マージン)非公開
最高単価125万円
平均単価71.8万/862万

情報:フリーランススタート

レバテックフリーランスは、フリーランスエージェントの中でも大手のエージェントです。

レバテックフリーランスの特徴

レバテックフリーランスの特徴は以下です。
  • 実績が豊富
  • 高単価の実現
  • フォロー体勢の充実

レバテックフリーランスは、フリーランスエージェントの最大手だけあって総合的にバランスがいいのでおすすめです。

積極的に案件を紹介してくれるので、自分が面談を受けたエージェントの中でもずば抜けて企業とマッチングできました。

 

【公式】レバテックの無料登録はこちら

【暴露】レバテックフリーランスを通じて常駐した経験から実態や評判を公開
契約を結ばないとわからないレバテックの実態や評判を実体験を元に余すことなく解説したいと思います。 レバテックの高額案件、案件数、メリットとデメリット、いい評判、悪い評判やうざいというのは真実か、 紹介キャンペーンで5万円もらえるって聞いたけど誰かに紹介してほしい!など気になる方に参考になるかと思います。

4.Midworks

対応エリア・地域東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都・兵庫・滋賀
支払いサイト20日
手数料(マージン)10%~15%
最高単価200万円
平均単価72.2万円

情報:フリーランススタート

Midworksの特徴

  1. 福利厚生が充実
  2. マージンの公表
  3. リモート・週3案件多め

Midworksは、福利厚生の充実度が人気のフリーランスエージェントです。

Midworksの主な福利厚生は以下です。

  1. 毎月の書籍代、勉強会費を1万円補助
  2. 交通費全額負担
  3. 生命保険料半額負担
  4. 会計ソフトfreeeが無料
  5. フリーランス協会が無料
  6. リロクラブ(年間30万円相当)の福利厚生

リロクラブは、レバテックにもある福利厚生プログラムですが、他の福利厚生もすごいです。
特に書籍代の1万円交通費全額負担がうらやましすぎです。。

 

【公式】Midworksの無料登録はこちら

 

フリーランスエンジニアの案件獲得方法のまとめ

以上、フリーランスエンジニアの案件獲得方法でした。

個人的にはフリーランスエージェントの案件が8割で1割前の会社、1割知り合いという感じです。

割とバランスいいかと思います。

また、MENTAという学習サービスを通してフリーランスを目指す受講生に案件を振ったりもしています。

もしまだ、フリーランスになるレベルではないという方はメンターから案件をもらいながらやることもおすすめですよ。

もしMENTAについて深く知りたい方は下記が私のプロフィールなので覗いてみてください。

ほしさんのプロフィール|「教えたい人」と「学びたい人」をつなぐスキルプラットフォーム
・2012~ Webデザイナー ・2013~ コーダー ・2014~2018 フロントエンドエンジニア ・2019~ フリーランスエンジニア 詳細な経歴は下記に書いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました