【フリーランス】リモートに強いエージェント5社
10万円給付金で始められる無料プログラミングスクール5つ(就職可能)
50,000円がもらえる!フリーランスエージェントの紹介キャンペーン

未経験からフロントエンドエンジニアになるためのスクール【現役おすすめ3選】

その他

新型コロナウイルスの影響で説明会・体験会はオンラインで行われていますので、ご安心ください。

未経験だけどフロントエンドエンジニアになりたい!
フロントエンドエンジニアになるためのおすすめのプログラミングスクールを知りたい!
現在人気急上昇中の職種「フロントエンドエンジニア」について、上記のお悩みを持つ方は少なくありません。
この記事では、未経験でもフロントエンドエンジニアになれるスクールを4つ紹介していきます。
この記事を書いてる私は現在フリーランスのフロントエンドエンジニアとして企業に常駐しています。
これまでVue.js案件やReact.js、TypeScript案件をこなしてきました。
その経験からおすすめできるスクールを4つ紹介します。

TechAcademy

一つ目のプログラミングスクールはTechAcademyです。

TechAcademyは最もフロントエンドエンジニアになるためのカリキュラムが充実しています。

TechAcademyの基本情報

TechAcademyの基本情報は以下です。

学習形態オンライン×マンツーマンレッスン
メンター現役のエンジニア
対応時間平日・土日問わず13時~23時
就職・転職サポート全コース対応
料金学生109,000円/社会人139,000円(4週間)

料金は、受講期間が長くなる程あがります。

料金の詳細はこちら

TechAcademyのフロントエンドコースで学べること

TechAcademyのフロントエンドコースは以下のことが学べます。

  • HTML5/CSS3
  • JavaScript/jQuery
  • Vue.js
  • Bootstrap
  • Web API
  • Firebase
  • サーバー

ざっと以下のことが身につきます。

  • HTML/CSSの理解とコーディングスキル
  • JavaScript/jQueryを利用したアニメーション演出
  • JavaScript/jQueryを利用したインタラクティブ演出
  • Bootstrapを利用した効率的なレイアウト
  • Ajaxを利用したWeb API連携
  • JSフレームワークの理解

フロントエンドエンジニアとしてはかなり十分な領域を学習できます。

TechAcademyを受講するメリット

TechAcademyを受講するメリットは以下です。

  • フロントエンドコースがあるのはTechAcademyのみ
  • 転職できなければ全額返金する「転職保証」あり
  • メンターが現役エンジニア
  • コースが幅広い・全国どこでも受講可能

転職については、全コースサポートなのが嬉しいですね。

転職サポートの詳細はこちら

TechAcademyの対象の方

  • 10代~40代の男女が中心(年齢制限はなし)
  • 過去にプログラミングやWebデザインを勉強して挫折した方
  • スキルを習得して、就職/転職を目指す方
  • 今後フリーランスとして働きたい方
  • 非エンジニアだけどITの知識を身につけたい方

TechAcademyはフロントエンドを目指すなら必ず検討したいプログラミングスクールです。

先述しましたがフロントエンド専門のコースを持っているのはTechAcademyのみです。

貴重なスクールである上に認知度もTOPクラスでIT企業の研修でも利用されているので、安心して受講することが可能です。

 

現在20%還元キャンペーン中です!※キャンペーン情報は公式サイトでご確認ください

TechAcademyで学ぶ【無料体験】

TechAcademyが1万円引きになるクーポンコードが欲しい方はこちらからご連絡ください。

CodeCamp

2つ目のプログラミングスクールはCodeCampです。

CodeCampの基本情報

CodeCampの基本情報は以下です。

学習形態オンライン×マンツーマンレッスン
メンター現役のエンジニア(指名可能)
対応時間平日・土日問わず7時~23時40分
就職・転職サポート専任のカウンセラーが担当
料金148,000円(2ヶ月)/入学金1万円

料金は、受講期間が長くなる程あがります。

CodeCampの料金の詳細はこちら

CodeCampのフロントエンドコースで学べること

CodeCampのフロントエンドコースは以下のことが学べます。

  • HTML5/CSS3
  • JavaScript/jQuery
  • PHP
  • MySQL

ざっと以下のことが身につきます。

  • HTML/CSSの理解とコーディングスキル
  • JavaScript/jQueryを利用したアニメーション演出
  • JavaScript/jQueryを利用したインタラクティブ演出
  • PHPを用いた動的処理
  • AWS Cloud9

フロントエンド+PHPといった感じで汎用的なスキルが学べます。

CodeCampを受講するメリット

CodeCampを受講するメリットは以下です。

  • 満足度94.6%の手厚いマンツーマン指導
  • 講師を選べる
  • メンターが現役エンジニア
  • 全国どこでも受講可能

CodeCampの特徴は優秀な現役講師陣です。

現役講師陣は大手IT勤務、ベンチャー勤務、起業・独立経験者など、全て現役エンジニアです。

「通過率10%の厳しい採用試験」を通過した技術力と教育力を備えた現役エンジニア講師がマンツーマンで指導します。

また受講生の満足度アンケートや評価制度を実施し人気のある講師を選ぶことも可能です。

私はTECH::CAMPの受講経験があるのですが、TECH::CAMPは学生が中心のため個人的には満足度が低かったです。

講師の質はかなり重要ですよ!

 

無料体験レッスン受講で、割引クーポン1万円分をプレゼント!※キャンペーン情報は公式サイトでご確認ください

CodeCampで学ぶ【無料体験】

デジタルハリウッド

デジタルハリウッドはWeb界隈では知らない人がいないWeb制作会社「LIG」が運営するWebスクールです。プログラミングからデザイン、動画制作まで幅広くコースを用意しています。

デジタルハリウッドの基本情報

デジタルハリウッドの基本情報は以下です。

学習形態LIGが運営するコワーキングスペース
メンターLIG社員
対応時間完全予約制 朝10時〜夜22時
就職・転職サポート卒業後のキャリア相談や就職・転職先の紹介あり
料金450,000円(6ヶ月)

デジタルハリウッドのWebプログラミングコースで学べること

デジタルハリウッドのWebプログラミングコースは以下のことが学べます。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript

幅が狭い分、理解が深められます。

デジタルハリウッドを受講するメリット

デジタルハリウッドを受講するメリットは以下です。

  • LIGの社員に教えてもらえる
  • 教材が動画なので分かりやすい

LIGのブランドは大きいもののデメリットもあります。

デジタルハリウッドを受講するデメリット

デジタルハリウッドを受講するデメリットは以下です。

  • 教室でしか質問が出来ない
  • 能動的に学べる人でないと長続きしない
  • 都内でないと通えない

上記は全て私の知り合いが通った時に聞いたデジタルハリウッドのデメリットです。

それでもLIGのファンだからLIGで学びたいという強い気持ちのある方はいいかもしれません。

まとめ:結論フロントを極めたいかバックエンドも扱いたいか

以上、未経験からフロントエンドエンジニアになるためのスクール【現役おすすめ3選】でした。
結論は以下です。
  • フロントエンドエンジニアを極めたいならTechAcademy
  • PHPもさわれるフロントエンドになりたければCodeCamp
私の尊敬するキングコング西野の言葉で
「迷ってる時間が一番の機会損失だよ」
という言葉があります。

是非この記事を参考にして一歩踏み出してみてください!

まずは無料体験で自分にあうスクールをよく吟味してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました